ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ピアノの調律代(メンテナンス費用)の内訳と性能の違いは?

調律代金についてよく問合わせをいただきますが、実は作業内容で費用も違います。

調律とは
約230本の弦を引っ張り正しい音の高さに合わせる調整(所要時間1時間~1時間半)のことを云います。

一般的な調律代金は?
ピアノの調律代金は地域により若干異なりますが、所要時間1時間30分前後の定期調律(半年~1年の空)で、アップライト¥15,000-、グランドピアノ¥17,000-と云ったところが一般的な相場です、尚、乾燥剤は不要です。

※密閉された瓶等では乾燥剤が有効ですが、空気が循環するピアノでは意味がないので別に除湿器の設置が有効です。

ピアノのメンテナンスは調律だけでは確実に性能が劣化します。

整調・調律・整音をセットで行なう浜松ピアノ店のメンテナンス風景


弊社の定期メンテナンスの考え方は、先ずは鍵盤・アクション・ダンパー等の整調を行い、一連の整調が完了してから調律、最後の仕上げが整音というもので所要時間は3時間~4時間です。

但しこれは最初にきちんと整調(出荷調整)をされたピアノの場合で、そうでない場合は8時間~が必要です。

ほとんどのピアノは調律のみで圧倒的な調整不足ですが、本来のピアノのメンテナンスは?
 販売店が出荷調整(新品で3日間、中古品は約その倍)を行った上で納品、お届け後は、部屋の音響と弾き手の好みに合わせた最適なタッチ、音色、響きになるように、毎回、整調・調律・整音をセットで行なうのが納入調整や定期メンテナンスの本来のあり方で、こうしなければ本来の快適なコンディションを維持できません。

作業時間が約半日必要になりますので、料金は調律だけより少し高くなりますが、調律に整調と整音の作業を加えることで初めて快適な性能を維持できます。

ちなみに乾燥剤は不要(無意味)ですので、その費用で整調と整音が可能になります。

ピアノの調律とメンテナンス

 

 

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取