ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

How to choice

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

同じピアノでも、丁寧な調整で性能が大幅に向上します!

メーカーによる初めての丁寧な調整で評価が上がったシゲル・カワイ
SK-6 奥行き214㎝ ¥4.935.000-(税込) 弊社3Fにて 



いかなるピアノであれ丁寧な調整を行うと性能が大きく向上するということを弊社では常々申し上げていますが、これを大手メーカーとして初めてやったのがカワイ楽器のシゲル・カワイです。

評価されるまで少し時間はかかりましたが、やはり良く調整されたピアノは、少しでもピアノをお弾きになる方には良さがわかってもらえると我が意を得たと思っています。

マーケティング的にも上手くデビューしたシゲル・カワイですが、種を明かせば、今迄にやらなかったこと、つまりメーカーとして初めて丁寧な調整をして世に送り出したので成功したと云えます。

逆説的になりますが、仮にシゲル・カワイよりもっと丁寧な調整を行なえば、別にシゲル・カワイでなく安価なピアノでも性能的には同等かそれ以上の性能を発揮する可能性があるとも云えます。

たとえば同じカワイの竜洋工場で作られている上記のSK-6と同クラディアパソンのDR-500(奥行き211㎝)

シゲル・カワイの¥4.935.000-(税込) に対してディアパソンは¥3.240.000-ですが、ハンマーはドイツレンナー社の高級ハンマー、弦はこれもドイツ製のレスローワイヤーを使い、総1本張りに仕上げていますで、ある意味シゲル・カワイより高級とも云えます。 
弊社3Fにて

ちなみに同じクラスのスタインウェイならB-211 
奥行き211㎝で価格は¥14.580.000-(税込)
弊社3Fにて
 

ファツィオリならF212 奥行き212㎝ 価格は¥1.414.800-(税込)


ペトロフではP210Pasat 奥行き210㎝ 価格は¥6.264.000-(税込)
弊社3Fにて


210㎝クラスのグランドは、一般的にプライベートホールや家庭用では一番大きなピアノとされていますが、これより大きなピアノは、セミ・コンサート、フルコンサート(奥行き270㎝)と呼ばれます。
 
210㎝クラスでお値段を比較すると、高価な方からスタインウェイB-211 ¥14.580.000-(税込)、ファツィオリF212¥1.414.800-(税込)、ペトロフ P210Pasat ¥6.264.000-(税込)シゲル・カワイSK-6 奥行き214㎝ ¥4.935.000-(税込)、DR-500(奥行き211㎝)¥3.240.000-(税込)という価格になります。

ブランド力の違いもありこれだけの価格差がありますが、また個々のピアノが持つ個性や魅力の違いもありますが、丁寧に調整を施すと性能的には、いずれのピアノも魅力的なピアノに仕上がり、少なくとも価格差ほどの性能の差はないと私は考えています。

ピアノの選び方とその問題点

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary