ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

アップライトとグランドの違いは?

アップライトは安い価格とスペース効率が良いことを除けば、グランドに比べて構造的に有利なところは特にないようです。

グランドピアノは音が大きいので防音対策上不利と考えられる方もおられますが、たとえば奥行き180㎝クラスのグランドと背の高さが131㎝のアップライトでは、理論上、出す音のエネルギーはほぼ同じと考えられます。

その理由ですが、アップライトは前面がパネルで覆われていて、音が後ろ側(通常は壁面)に抜けるので演奏者には音が小さく聞えます。

グランドは音が上下に抜けますので演奏者にも良く聞え、さらに天屋根を開けることで観客の方にも簡単に音を飛ばすことができます。

アップライトも前パネルを外すとグランド並みの音量に


 
グランドとアップライトの違いを動画で簡単にご紹介しています

 

最近の傾向としては、スペースをあまり取らず、ご予算的にもちょっとした高級アップライト並みお値段で購入できるなコンパクトなグランドピアノに人気があります。

お薦めブランド ウェンドル&ラング

 

※ピアノの性能(タッチ、音色、表現力)を大切にお考えの方に

ピアノの性能で一番誤解されているところ、それは良く調整されたピアノなら安価、高価に関わらず、粒の揃ったピアニシモが簡単に出せ、大きな音も力むことなく出すことができるということです、しかし今は高級ピアノを含め大半のピアノの調整が省かれています。


ピアノの性能を大切にお考えの方に下記資料2点を無料進呈しています。

資料の詳しい案内はこちらから

グランドピアノの3日間の調整作業を動画でお見せしていますが、丁寧な調整でいかなるピアノであれ性能が大幅に向上することがご理解頂けます。DVD全24分

 
ネット上では公開できない業界の矛盾点や裏話を満載。全44ページのピアノ選びの新しいバイブルです

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取
ピアノ聴き比べ