ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

純ヨーロッパ製ピアノ  ペトロフピアノのお奨め ②

純ヨーロッパ製ピアノという言葉は最近私が使い出した言葉ですが、ハンブルグスタインウェイやイタリアのファツィオリのような1千万円クラスの高級機を除けば、今では全ての工程がヨーロッパで製造されるピアノは少数になりました。

また純ヨーロッパ製ピアノでも弊社取扱いのドイツの老舗ブランドのレーニッシュのように合理化のため本来の専用工場ではなく、何社かの合同工場で複数のブランドが製造される場合も多くなっています。

そのような背景から今ではペトロフ社がヨーロッパで最大(台数ベース)のメーカーになっていますが、逆にいえば、純ヨーロッパ製のピアノがそれだけ少なくなっています。

またブランド(会社)自体が売買され、経営者も今では創業者一族とは関係なく、ピアノ業界とも全く関係ない単なるビジネスとしての投資家(例えばスタインウェイ)が多いように思います。

しかしピアノに限りませんが、その会社の製品の信頼度を測る場合は、やはり会社のトップの顔や哲学がわかる会社というのはやはり信頼がおけるように感じます。

ペトロフ社の場合はペトロフ家の5代目、スザンヌ・ペトロフさんが社長というのも、私がペトロフピアノに信頼を寄せる大きな要因です。

ペトロフ社長の日本のピアノの愛好家の皆様への挨拶を童画でご覧下さい。

弊社に来店時、ペトロフ社長(写真中央)を囲んでのミーティング(弊社3Fホールにて)

ペトロフグランドをバックに記念写真 (弊社2Fにて)


お奨めブランド ペトロフ

ピアノの性能(タッチ、音色、響き)を大切にお考えの方に
只今、ピアノ選びで後悔しないための資料を無料進呈しています

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取