ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

メンテナンスはどのような調律師に依頼すべきか? ②

過日、宮大工の仕事のTV番組のなかで、カンナを綺麗にかけるには13年かかるという話がありましたが、何でも職人ワザというのはそのくらいの下積みが必要なんでしょうね。

調律師が育つ過程も宮大工と同様ですが、なかなか下積みが出来る職場環境もなく、下積みの低い給与レベルでは若い人材もこないので、今は30代~40代の若い優秀な調律師がほとんど育っていません。

調律師の能力のピークは40歳
 調律師も長時間の集中力の持続が出来る気力と体力、更に聴力だけでなく視力も必要なので調律師の能力のピークは一説では40歳と云われ、後は年齢を重ねてもそれをいかに保つかのようです。
 
先日の週刊誌に人工知能(AI)の発達で、今後10年で給料の増える仕事、減る仕事という特集がありましたが、調律師の仕事はAIにとって代わられることはないですが、ピアノの性能を大切に考えられる方は限られていますので、調律師の絶対的な仕事量(依頼件数)は年々減り続けています。

弊社はピアノ愛好家のためのピアノ店がキャッチコピーですが、件数はあまり多くはないのですが愛用のピアノを、整調・調律・整音の順で自分好みのタッチや音色に仕上げて欲しいというピアノの愛好家の方からの仕事はなくならないように思っています。
 
弊社ではピアノの性能を大切にお考えの方を対象に、岡山から東は滋賀県、西は山口県、北は島根、鳥取、南は四国全域まで大概は1泊2日でメンテナンスにお伺いしています。

他の地区は、九州は福岡、中部地区は浜松の山原氏、関東はピアノプレップの山内君に委託して、他はその都度、筆者(植田)の人脈を通じた委託調律師にお願いしています。

本来は近くに住む調律師が理想的なのですが、調律師なら誰でも良いという訳ではないので調律師選びは難しいものがあります。

調整の主な工程を1分程度の動画に編集しています。

ご覧頂くとピアノの調整がいかに複雑で手間がかかる作業かご理解頂けると思いますが、お客様の理解不足もあり、日常的にこのような作業を行なっている調律師は極少数です。

画面をクリックするとYOU TUBEに切り変ります。
 










 




当店でピアノを選ぶメリット

ピアノの調律とメンテナンス
 
ピアノの性能(タッチ、音色、響き)を大切にお考えの方に
只今、ピアノ選びで後悔しないための資料を無料進呈しています

 

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary