ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

鍵盤(タッチ)の重いピアノで練習する方が上達するか?

ピアノの鍵盤は重さはダウン(何グラムで下がるか)とアップ(何グラムで上がるか)のバランンスの上に成り立っています。

ですからこのバランスを崩すと弾き難く表現力の劣るピアノになりますので、アップとダウンの重さは、どこのメーカーのものも似たような設計値になっています。

たとえば正常なスタインウェイの鍵盤の重さ(タッチ)は、S-155~B211までは47gの重さで鍵盤が下がり(ダウン)、20gの重さで上がる(アップ)ように設計されており、セミコンとフルコンサートピアノは低音部が52g~高音部47gになっており世界的にも軽い部類に属しますので、もしそのスタインウェイが正常なら、普通であれば鍵盤(タッチ)が軽く感じるはずです。

鍵盤(タッチ)が重くなる大きな要因は、ムービングパーツが汚れていたり錆びて(主に鍵盤まわり)ブレーキがかかった状態であったり、アクション等の調整不足でロスが大きく、本来の力で弾いてもピアノが十分に反応してくれないためです。








調整不良のピアノ(タッチが重い)では大きな音や小さな音が出しづらいので、ついつい力んで強く弾くようになりますので、当然ながら表現力の劣った演奏になり、それでも無理して弾いていると最悪、指が腱鞘炎になることもあります。 

ただ個人的な好みもあるので丁寧な調整を施しても重いので軽めにしたいということであれば、鍵盤の鉛調整(個々の鍵盤に埋め込まれている鉛の大きさとはめ込み位置を変えるて調整する)をやれば可能です。

鍵盤に埋め込まれている鉛
この鉛の大きさと位置を変えることで鍵盤の重さを変えることができます。


写真では分かりづらいですが、鍵盤の下に線が引かれています、この線に沿って既定の鉛が埋め込まれます(写真はヤマハグランドのG5)



上の写真のように量産ピアノの場合はだいたいの位置に鉛を入れ込みますが、すべても鍵盤を重さを厳密に同じにするには、メカニズムと鍵盤調整をした上で、更に鍵盤の重さを変更したい場合は鍵盤に埋め込まれている鉛の大きさと位置を変更します(鍵盤の鉛調整)

鉛調整シーンを約1分の動画に編集しています。



浜松ピアノ店でピアノを選ぶメリット

ピアノの性能(タッチ、音色、響き)を大切にお考えの方に
ピアノ選びで後悔しないための資料を無料進呈しています

 

 

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary