ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

スタインウェイご契約時のエピソード ①

ヤマハのピアノ講師の方にスタインウェイをご購入頂いた時のお話です。

それまでご自宅の教室でお使いのヤマハグランドC3がそろそろ寿命?と調律師の方から云われ、買い替えるなら、今度は憧れのスタインウェイを購入ということでスタインウェイをご契約いただきました。



スタインウェイを試弾された後「やはりスタインウェイは好いわ!」ということなので「スタインウェイのどこが好いですか?」とお聞きしてみました。

「スタインウェイはトリルが効く、家のヤマハはトリルが効かない、だからスタインウェイが好い」というお話でした。

後日、下取のヤマハC3の見積りのためにご自宅にお伺いして、トリルが効かないという下取のC3を見せて頂いて鍵盤をチェックしたのですが、お話のように鍵盤の動きが悪くドローとしたタッチでした。

調律カードをみると、さすがにピアノ講師だけあって毎年定期メンテナンスはヤマハのベテラン調律師が来られているのですが、新品時から鍵盤調整を一度もしてないようでしたので、このように弾き難いピアノになったようですが、これをヤマハの調律師からそろそろピアノの寿命と説明されたようです。

ピアノの鍵盤調整をしてみませんか!

既にスタインウェイのご契約を頂いているので余計な話は慎みましたが、スタインウェイはトリルが効いてヤマハは効かないという話にはそのような背景があります。

これがピアノ業界の実態です。

新品同様のスタインウェイの中古品をご試弾下さい!


ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。



無料資料の詳しいご案内はこちらから


無料資料のお申込みはこちらから

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary