ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ペトロフピアノをお薦めする訳は? №2

近年はグローバル経済になって、ヨーロッパの老舗ブランドはもちろん、日本のヤマハ、カワイも中国やインドネシアに生産拠点を移し部品や製造を行うようになっていますので、いつの間にかペトロフ社は欧米で最大の生産拠点になっています。

現在は中国が世界最大のアコスティックピアノの消費国であり生産国ですが、中国にピアノを輸出すると35%の関税(日本への輸入は関税ゼロ)を取られるので、近年は日本のヤマハ、カワイをはじめヨーロッパの老舗メーカーも、基本的にピアノを中国で生産し中国で販売(35%の関税がゼロ)残りを中国から世界に輸出するという仕組みになっています。

日本やヨーロッパのピアノメーカーも、今は中国で委託生産しています。上位3社の生産状況

№1 広州 パールリバー 国営     年間生産台数 約8万台
№2 杭州 ヤマハ    外資(日本) 年間生産台数 約5台台
№3 ハイルーン     民営     年間生産台数 約4万台
他にも中国には30社以上のピアノメーカーがあると云われています。

当然ながらペトロフ社も中国でいろいろなブランドで委託生産していますが、ペトロフブランドだけは唯一チェコの工場で作られる純(100%)ヨーロッパ製のピアノです。

中国№3のハイルーンの広報誌より






お奨めブランド  ペトロフ


ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。



無料資料の詳しいご案内はこちらから


無料資料のお申込みはこちらから

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取