ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

EUとのEPAの関税撤廃でピアノは安くなるか?

日本とEUのEPA(経済連携協定)の発効で関税がゼロになり、ヨーロッパからのチーズやワイン、衣料が安くなるとのニュースが流れており、ピアノも安くなれば嬉しいんですが、残念ながら?ピアノは元々関税がかかっていないのでヨーロッパ製の輸入ピアノの価格はEPAの影響はゼロなんです。

ただヨーロッパから船便で日本へ輸入すると、赤道を2回通ることになるのでその分、ピアノの狂いも大きくなるので日本での丁寧な調整が不可欠です。

ヨーロッパからの船便で浜松の流通倉庫に入荷したペトロフピアノ



1台1台、専用の段ボールで厳重に梱包されています


20フィートのコンテナでグランドとアップの比率にもよりますが15台前後のピアノを積むことが出来、ヨーロッパからの船賃が大体15万円なので、ヨーロッパからのピアノの運送費は1台1万円ほどかかる計算になります。

お薦めブランド ペトロフ


ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから







株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取