ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

How to choice

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

鍵盤調整の次はアクションの調整です

土台である鍵盤調整が完了したら鍵盤の上に載っているアクションメカニズムの調整に入ります。

細かい部品がすべて有機的にリンクして機能を果たしているので、それらのバランスを取る必要があります。






弦合わせ調整作業の動画(57秒)



サポート合わせ調整作業の動画(56秒)



バックチェック合わせ調整作業の動画(54秒)



ジャック前後調整作業の動画(41秒)



ジャック高さ調整作業の動画(39秒)



ハンマー接近調整作業の動画(59秒)



ハンマードロップ調整作業の動画(42秒)



 打弦距離調整作業の動画(58秒)


ハンマーストップ調整作業の動画(57秒)


レペティションスプリング調整作業の動画(59秒)


ピアノという楽器は鍵盤からアクションを通じて打弦する仕組ですが、これらが全てリンクしているので、一つでも不具合があると本来の性能を発揮しません。

鍵盤調整から始めてここまでで新品のピアノでも2日間の作業時間が必要になります 

調整を理解せずピアノの性能は語れない№1 鍵盤調整

調整を理解せずピアノの性能は語れない№2 アクション調整

調整を理解せずピアノの性能は語れない№3  ダンパー調整

調整を理解せずピアノの性能は語れない№4  調律と整音



ピアノの調律とメンテナンス

ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary