ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

高級ピアノに資産価値はあるか?

というご質問を時々頂きます

たぶん弦楽器のストラディバリウスを意識してのご質問かと思いますが、如何に高級ピアノであれ資産価値はあまりないように思います。



なかには遺産相続の時にはどうなりますか?というご質問もありますが、ピアノの法定償却年数は確か5年?ほどですので、1千万で購入したピアノを遺産として受け取る場合は5年で資産価値がほぼゼロになるので、20年後に400万円で売却できればそれは含み益と考えられます。

ピアノが古い弦楽器と評価が違うのは、弦楽器は構造がシンプルな故に古くなっても修理が簡単ですが、ピアノは消耗部品が多いので古くなって修理しようとすると新しく1台のピアノを製作するほどのコストがかかるのがその理由と考えられます。

あえてピアノの資産価値を考えると、最近注目が高まっているファツィオリではないでしょうか、年産数千台のスタインウェイの比べ、歴史も浅く年産120台程度なので、市場に中古品もほとんどないので程度の良いのであれば高値でも購入希望の方が多いと思います。



ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary