ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

最近のスタインウェイとファツィオリの経営哲学の違い

いずれも最高のピアノブランドですが、今はもう創業家のスタインウェイ一族がいなくなって久しいスタインウェイという会社の経営哲学は、私見ですが明らかにおかしいように見えます。




既にスタインウェイ一族はおらず、今のスタインウェイの経営者はアメリカの有名な投資家のジョン・ポールソンという方で、彼は音楽もピアノもわからないそうですが、家には娘のためにスタインウェイを所有しているそうで「スタインウェイは私のように金持ちに売りなさい」というのが基本的な経営方針で、最近の自動演奏ピアノにみられるようにできだけ合理化して利益重視です。

かたやファツィオリは操業が歴史が浅く、創業者のパオロ・ファチオリさんが現役のオーナー社長で「演奏者にとって最高のピアノを!」という考え方で、良いと思うものはコストを無視してでも積極的に取り入れるというスタンスです。

最近では業界初の三層響板を開発し、こうすることで響板としても高性能で古くなっても響板割れが起こりません。

創業者のパオロ・ファツィオリ氏と筆者


ピアノの性能(タッチ、音色、表現力)を大切にお考えの方に


大半のピアノに欠けている調整ですが、調整がピアノの性能にとっていかに大切なことか!資料で分かりやすく解説をしています。

無料進呈していますので、ぜひ、お申込み下さい。

資料の詳しい案内はこちらから

ネット上では公開できない業界の矛盾点や裏話を満載。全44ページのピアノ選びの新しいバイブルです

グランドピアノの3日間の出荷調整作業を動画でお見せしていますが、丁寧な調整でいかなるピアノであれ性能が大幅に向上することがご理解頂けます。DVD全24分

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取
ピアノ聴き比べ