ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

調律師を選ぶポイントは?

一言で云えば「ピアノの性能に対する意識レベルの高い人」ということになります。
優れた調律師とは「当たり前のことを、手を抜かず、順番通りできる人」でなければなりませんが、現実にはこれができる調律師はほとんどいません。

家の掃除に例えると、私の意識レベルでは「掃除機をかけたら終了」で満足していますが、うちの奥さんから言わせると「それは掃除したうちに入らない、机の上は埃だらけだし押入れの中も整理できていない」になりますが、これは技術の問題ではなく意識レベルの問題です。

しかしピアノは掃除と違い、全てがリンクして作動するので一か所でも調整の不具合があれば快適なピアノになりません。

性能に対する意識レベルが演奏者より低い調律師にタッチや音色に対する不満を告げると「このピアノはこんなものです、ご不満なら高級品に買い換えて下さい」という返事をされると返す言葉がありません。

 

海外の国際コンクールにもよく視察に行くという大手メーカーの幹部の方に「どんな調律師が良いと思われますか?」という質問をしたことがありますが「人柄の良い人」と云う返事が返ってきました。間違いではないけれど「調整と整音がきちんとできる人」という答えを期待していた私はがっかりしました。




ピアノの調律とメンテナンス


ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから






株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取