ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

調整されたピアノで練習しないと上手くならない

いかに高級ピアノであっても丁寧な調整と調律、整音の結果として、初めて鍵盤のタッチや音色も均一になり、連打やトリルなどの速く細かい動きに対応でき、繊細なピアニッシモを演奏することが出来るので、演奏者の意図したように弾くことができるピアノになります。

 

特に指の筋肉がまだ十分に発達していないお子様は、良く調整されたピアノで練習することが絶対条件で、鍵盤が重くレスポンスの悪いピアノで練習しても上達しないどころか下手をすると腱鞘炎になります。

お子様にはどんなピアノを選んだら良いか?





ピアノの調律とメンテナンス


ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから


株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取