ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

グランドピアノ16時間コース3回目

前回の続きです。

 

アクションの中心部の調整です。
「ジャック」という部品の位置の調整です。この部品の調整がきちんとされていないと連打が出にくくなったり強弱もつけにくくなったりと、ハンマーを間接的に操作してくれる部品です。
(詳しく知りたい方はこちらの→動画で解説してます)

 

 

 

次は先ほどのジャックという部品をハンマーを操作した後に抜けさせるタイミングをそろえる調整で、弦とハンマーの隙間の量を見て調整します(ハンマー接近調整)。
ライトを使うと細かく見れるのでいつも使用しています。
(詳しく知りたい方はこちらの→動画で解説してます)

 

 

 

次はハンマー接近調整の後のハンマーの下がる量を調整します(ハンマードロップ調整)。
最初のジャックという部品を素早く元の位置に戻すことによって2度目の音を素早く出すためにも必要なポジション調整です。
(詳しく知りたい方はこちらの→動画で解説してます)

 

 

 

次は弦とハンマーの距離を調整するストローク(打弦距離)調整です。
鍵盤の沈む量に対するハンマーの運動量の調整で、凸凹になっているハンマーの並びも含め等距離に揃えていきます。
(詳しく知りたい方はこちらの→動画で解説してます)

 

 

 

次は黒鍵の深さ(沈む量)の調整です。
アクション運動量の調整までが決まったら白鍵の運動量を基準に黒鍵に反映させていきます。
これは目でも耳でもなく指から伝わる感覚だけを頼りに調整していきます。

 

 

 



次は打弦後のハンマーの静止位置の調整(ハンマーストップ調整)です。
この距離が広すぎたり狭すぎたりするとダイナミックなff(フォルテッシモ)やpp(ピアニシモ)が出しにくくなるので、タイミングよく素早くハンマーをキャッチするように距離を隣同士揃えて調整します。距離がそれぞれ違うのが写真から見ても分かると思います。
(詳しく知りたい方はこちらの→動画で解説してます)

 

揃った状態です。見やすいようにアクションから出してますが、最終的にはアクションをピアノ中に入れて距離を見て微調整していきます。

 

 

 

次は2度目の音を素早く出すための調整です。
グランドピアノには素早く連打が出来るための「レペティション」という機構が備わっています。これはジャックという部品を素早く元の位置に戻すことによって2度目の音をより速く発音することができます。
スプリングを引っ張ったり下げて緩めたりと、強すぎず弱すぎずに目で見て感覚で調整します。
(詳しく知りたい方はこちらの→動画で解説してます)

 

 

 

鍵盤とアクション調整が終わったので49A=442Hzに調律します。

 

本日3回目のメニューは、

①ジャック前後調整
②ジャック高さ調整
③ハンマー接近調整
④ハンマードロップ調整
⑤打弦距離調整
⑥黒鍵深さ調整
⑦ハンマーストップ調整
⑧レペティションスプリング調整
⑨調律

でした。続きは火曜日、ダンパー調整と整音を行なう予定です。

 

 

>>>ピアノのコンディションを良くするために必要なこと
  ①全体の調整 ②空調管理

 

 

 

1台1台丁寧な調整を心がけています

三木 淳嗣


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取