ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

弊社の定期メンテナンス風景

四国、愛媛での定期メンテナンスをご紹介します、ピアノはファツィオリF183、スタインウェイC(セミコンサート)、ヤマハC1を1泊2日で行いました。 三木ブログより

弊社の定期メンテナンスは、整調・調律・整音の3点セットです。
ファツィオリピアノ F183

弦楽器はチューニング(調律)が必要なことはみなさんご存知だと思います。
ピアノも弦楽器ですが、それだけではなく、鍵盤を押すとアクションが動きハンマーで弦を叩く、いわば打楽器でもあります。...
この打楽器であるアクションメカニックを一つずつ精密に調整することを整調(せいちょう)といいます。

そして弦を叩くハンマーフェルトの弾力、つまり音色の硬さを隣同士88鍵揃えていく調整を整音(せいおん)といいます。

実はこの整調と整音こそがピアノの本来のポテンシャル(性能)を引き出してくれるのです。
 









例えばコンサートホールのスタインウェイはコンサートの調律とは別に、年に1度丸2日間かけてメンテナンス(保守点検)を行ないます、1時間調律をして残りの15時間は整調と整音にあてます。

それだけ整調と整音はピアノの性能にとって重要なのですが、他のメーカーはこのような保守点検の習慣がないので本来の性能を発揮せず、結果的に性能が劣ると思われています。

一般家庭のピアノはなかなか丸2日間はかけれないと思いますので、少なくとも半日以上かけて整調・調律・整音の3点セットを行なっていくと、どのようなピアノでも見違えること性能アップしてきますので、くれぐれも調律だけの手抜き(格安)メンテナンスにはお気をつけください。


お薦めブランド スタインウェイピアノ

お薦めブランド ファツィオリピアノ

コンサート日記
FAZIOLIと世界三大ピアノとの違い



 
無料資料の詳しいご案内はこちらから
 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取