ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

中古ピアノ選びの落とし穴

中古ピアノは調整次第で性能差が大きいのが問題

古いピアノに本来の性能を発揮されるには、調整に相当な手間(コスト)がかかりますが、一般は勿論、業者自身にも調整の重要性が理解されていません。

それ故に大概の中古ピアノは丁寧な調整が省かれていますので弾くとタッチもダイレクト感がなくて弾き難く、音色の粒もバラバラで、決して弾いて気持ちが良いピアノではありません。

中古(古い)ピアノと云えども消耗品さえしっかりしていれば、丁寧に調整すると同型の新品より高性能(弾いて気持ちが良い)なピアノになる可能性があります。

お子様には丁寧に調整されたピアノが絶対条件です

鍵盤整調作業から始めます









ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから




株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取