ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ピアノ椅子の種類

現在の主流、新高低自在椅子

ダイヤルで差面の高さの微調整が可能です。
写真はイタリアのディスカチャーチ社製



油圧式ピアノベンチ ¥66.000~

img_0844

演奏者の体重を利用した油圧式なのでレバー1つで好みの高さに調整できるが大きな利点ですので、複数の人が使用するピアノ椅子としては重宝します。

こちらはプロピアニスト用の高級版で浜松ピアノ3Fホールで現在使用中のものですが、重量も18㎏と重く、より頑丈に出来ていて、大柄な男性がアクロバット的演奏をしてミシリともしない丈夫さを誇ります。

ドイツ製ガス圧シリンダー使用の高級ピアノベンチ ¥220.000~

ドイツ製ガス式シリンダー使用 ピアニストのための高級ベンチ ¥200.000-(税別)


ただ実際に使ってみて困ったことが一つあります。高級版は演奏者の最低体重が60㎏?(欧米人)と想定しているようで日本人でも男性なら問題ないのですが、小柄な女性やお子様の場合は、体重不足のために座面が下がらないのです。

そんなこともあり、せっかく高級椅子を弊社3Fホールにご用意していますが、小さなお子様や小柄な女性も座ることの多いホールの椅子は、結果として昔からある高低自在椅子(通称トムソン椅子)がよく使われます。

昔からよく使われる高低自在椅子(通称トムソン椅子)

高低自在椅子

ちなみに故中村紘子さんは、この高低自在椅子がお好きで、コンサート当日に、会場には20万円クラスの高級椅子が備品であるにも関わらず、中古でも良いから高低自在椅子を持って来いというご指示で、私が遠方の会場までこの高低自在椅子を車で持って行ったことがあります。

ピアノの性能を大切にお考えの方に下記資料2点を無料進呈しています。

資料の詳しい案内はこちらから

グランドピアノの3日間の調整作業を動画でお見せしていますが、丁寧な調整でいかなるピアノであれ性能が大幅に向上することがご理解頂けます。DVD全24分

 
ネット上では公開できない業界の矛盾点や裏話を満載。全44ページのピアノ選びの新しいバイブルです

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取