ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

国立音大調律科の入試、実技エピソードのご紹介

国立音大の調律科は今はなくなりましたが、卒業生の方からお聞きした入試の実技テストのエピソードをご紹介します。

調律師という職業を考えると実は器用か否かも重要な要素になります。

調律師の仕事は調律、調整、整音の3つの要素がありますが、調律は1時間少々で完了しますが、調整の作業時間が長く(最低でも半日~)しかも早く精密な作業が要求されますので、器用な人の方がはるかに有利です。

大学入試で器用さの実技テストとは?

これは卒業生から聞いた話ですが、その当時、1つのお皿に豆がいっぱいあり、それを箸を使って一つひとつ隣のお皿に移す試験があったのだそうです。その話を聞いてなるほどと感心したことがあります。

そのような目で弊社の三木君を見てると何をしても器用なので、やはり彼は調律師に向いていると思います。









ピアノの性能を大切にお考えの方に、下記の資料2点を無料進呈しています。

資料の詳しい案内はこちらから

グランドピアノの3日間の出荷調整作業を動画でお見せしていますが、丁寧な調整でいかなるピアノであれ性能が大幅に向上することがご理解頂けます。DVD全24分

 
ネット上では公開できない業界の矛盾点や裏話を満載。全44ページのピアノ選びの新しいバイブルです

 

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取