ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

国産グランドピアノならディアパソンがお勧め

ヤマハ、カワイのプレミアムシリーズ以上の性能を発揮

最近の国産グランドピアノはヤマハ、カワイもレギュラーシリーズよりも高額なプレミアムシリーズの販売に力点をおき、ボストンもカワイで委託生産(カワイ製)されていますが、スタインウェイがデザインしたという理由で割高な値段設定になっているように思います。

それらのプレミアムシリーズに隠れ、国内専用モデル(輸出はしない)のディアパソンは生産台数も年産で50台ほどと少量生産故に1台1台が丁寧に制作されています。

どんな人に、一番お薦めか?

ピアノ選びもあまりブランド力に頼らず、できれば少しピアノが弾けて、ご自身である程度、ピアノの性能を評価できる方が理想的かと思います。ある程度の演奏力があり違いがわるピアノ愛好家の方にはピッタリのピアノと云えます。

ブランド料が上乗せされてない分、コストパフォーマンスが高く内容が濃い

ディアパソンはカワイが持つブランドですが有名ではないので、シゲル・カワイやボストンのようにブランド料が上乗せされていない分だけ、内容を考えると安価で、設計思想も独自性があり、消耗部品もドイツ製の最高級品が使われていますので、コストパフォーマンスが非常に高いピアノです。

今はなき伝説の名工・大橋幡岩氏の設計の独自の大橋フレーム(DG-183)、音色に影響が大きいハンマーは、世界の最高級ピアノが採用しているドイツのレンナーハンマー(ヤマハ、カワイは自社製)弦はドイツのレスロー弦を使用し、譜面台や脚も独自のデザインになっており他の国産グランドにはない魅力的な特徴を持っています。



ヨーロッパの一部高級ピアノにも採用されている総1本張り(DG-183)、弦の状態が安定します。さらに雑味を防ぐために弦の端に敢えてフェルトを敷いています。現代のピアノは極力、弦の端まで鳴らして華やかな響きを追求していますが、悪くすると耳障りになります。


一般的なターン張り、弦の端まで鳴らします


ご購入いただいたお客様の声をご覧いただくとディアパソンのことが良くわかると思いますので下記にリンクしました。


ディアパソンは志のあるピアノです

お勧めブランド ディアパソン

ピアノの性能(タッチ、音色、表現力)を大切にお考えの方に

大半のピアノは丁寧な調整が省かれていますが、調整がピアノの性能にとっていかに大切なことか資料で分かりやすく解説をしています。

無料進呈していますので、ぜひ、お申込み下さい。

資料の詳しい案内はこちらから

弊社でのグランドピアノの3日間の出荷調整作業を動画でお見せしていますが、丁寧な調整でいかなるピアノであれ性能が大幅に向上することがご理解頂けます。DVD全24分

 
ネット上では公開できない業界の矛盾点や裏話を満載。全44ページのピアノ選びの新しいバイブルです

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取
ピアノ聴き比べ