ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

最上のディアパソンピアノのご紹介!

DR-300 Primeの品質証明書



こんなディアパソンもあるということでご紹介します。
基本的はDR-300(奥行き183㎝)ですが、それを考えられる最高の部品を使った製作したピアノで、特注品になります。

価格も通常のDR-300が257万円(税込)に対して300万円を少し超える価格になるので、弊社でも過去に数台の販売実績しかないのですがそれなりに満足度の高いピアノです。

品質証明書によるDR-300 Primeの特徴

◎「総1本張り」調弦方式
◎ドイツ製高級レンナーハンマー
◎象牙白鍵採用
◎黒檀黒鍵採用
◎弊社考案プロ仕様アクション
◎最高級天然鹿皮ローラー
◎手巻き低音弦
◎技師による責任出荷の厳守

他のディアパソンとのスペックの主な違いは、象牙白鍵、黒檀黒鍵、手巻き低音弦の採用ということですが、もう一つの大きな特徴が、技師による責任出荷の厳守と書かれています

ところで本象牙と本黒檀ですが、今のアクリル鍵盤や人工象牙と違いは、例えピアノは同じでも鍵盤が本象牙と本黒檀に変わると手触りがしっくりきて、より上質なピアノを弾いているようで、気持ちが良いとの感想をいただいています

余談ですが、浜松の方でも象牙を貼れる技術者が高齢化して、もう貼れる人が限られてきているようです、聞くところによると、象牙鍵盤を貼るのは大変で、かなりの手間がかるようです。

他にも現在入手可能な最高レベルの部品とベテラン技術者による無制限の調整時間を費やして完成させたものでございます、と表現されています。このような表現は、他社でいうとホールに納める最高峰のフルコンサートピアノのピアノによく使われ表現のように思います。

 お薦めブランド ディアパソン

 

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取