ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

1918年製のペトロフピアノによるコンサート

京都芸術センターにて



大正15年に描かれた中村大三郎氏の作品にペトロフピアノが登場しています。
京都美術館保管作品


今も京都芸術センターでコンサートに使用されているペトロフピアノ


京都芸術センターは、元は明治2年1869年に開校され平成5年1993年に閉校された長い歴史を持つ明倫小学校ですが、その跡を利用して2004年4月に京都市、芸術家その他芸術に関する活動を行う者が連携し、京都市における芸術の総合的な振興を目指して2004年4月に開設されたものだそうです。

そしてこのペトロフピアノは、1918年、明倫小学校の創立50周年を機に、ぜひ子供達に本格的な西洋音楽に触れて欲しいと地域の人々が寄贈したピアノなのだそうです。

ピアノというものは、たえず進化、変貌する今の家電製品等とは違い100年前のピアノも現代のピアノも基本設計がほとんど変わらないのが魅力的です。

歳月が経った木材ならではの暖かい響きを醸し出して、朗らかに歌うような音色・・これは今も昔も変わらないペトロフピアノ特有の美点です。

お薦めブランド ペトロフピアノ

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取