ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

もうひとつのショパンコンクール~日本人調律師たちの闘い~

BS1で昨年8月に放映されたピアノ愛好家には興味深い番組ですが、まだの方はNHKのアーカイブスで、ぜひご覧下さい。


世界最高峰のショパン国際ピアノコンクールで採用されたピアノメーカーはヤマハ、カワイ、スタインウェイ、ファツィオリの4社。
優勝者を出すのはどこのメーカーか?しかし、実はその命運を握るのはピアノではなく調律師たちであったという番組の内容です。



ところでショパンコンクールに正式採用された4社のピアノですが、それぞれの会社の業務内容は大きく違います。

世界的にアコスティックピアノ市場が縮小する中でも、日本のヤマハ、カワイは世界的にも電子楽器が強いので楽器メーカーとしてなかなか元気があります。国内市場ではあまり元気がないのですが、海外市場を含めると健闘していて元気があります。

逆にスタインウェイとファツィオリは高級(高額)なアコスティックピアノだけなので、世界的な市場縮小で市場環境は厳しいものがあります。

特にスタインウェイ社は最近、ムーディーズというアメリカの投資格付け会社から、投資不適格の烙印を押されたくらいです。

その理由の一つとして、毎年縮小する市場規模に対して、高級ブランド(高額)にしては大量生産と云える年間数千台規模で生産するスタインウェイピアノは、市場でそれだけの規模を消化するのが難しいようです。

そんなスタインウェイとは真逆で、ライバルのファツィオリは年間最大でも120台規模のメーカーですので、その生産規模が少ないのが幸いして、むしろ世界的に品不足気味で、経営も安定したしているようです。

そのようことも考えながらコンクールを見ていると、また面白いかと思います。

お薦めブランド ファツィオリピアノ

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取