ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

How to choice

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ピアノの運送費はいくら位かかるのか?

岡山大学の3階ホールへ搬入時の作業風景



住宅2Fへグランドを吊り上げて窓から搬入

運送費は地域格差がありますが市内の1F~1Fのアップライトピアノの移動で1万円5千前後、グランドピアノの場合は梱包料、開梱料含まれるので3万円前後となります、但し最近は人手不足のせいでピアノ運送費も今後は高くなりそうです。

グランドの国内移動はこのような布団による梱包になります。

これに上の写真のような2階吊り上げで1万円加算+特殊作業料、エレベーターの場合も1万円+特殊作業料ほどの加算になります。

案外安いのが長距離便で、たとえば岡山の倉庫から東京の倉庫までの運送費はアップライトピアノで1万5千前後、グランドピアノで3万円前後ですが、これは浜松を起点としたワンマントラックの路線便があり、これを利用すると倉庫から倉庫への運送費は比較的割安です。

ですから仮に岡山の実家1Fから東京の自宅1Fまでピアノを運んだ場合は、実家→岡山の倉庫→東京の倉庫→東京の自宅となり、アップライトピアノで5万円前後、グランドピアノで9万円前後になります。

船便のコンテナで、台数をまとめると海外からでも割安です。

ヨーロッパからの輸入の場合は、メーカーで1台1台梱包されてから1つのコンテナに入れて送られてきますので、ヨーロッパからの送料も1台1万円以下になります。 

チェコのペトロフ社からコンテナで浜松に入荷したペトロフピアノ

同じくハンブルグから入荷したスタインウェイ


海外からの輸入は、国内移動と違い厳重な梱包が必要になることですが、新品の場合はメーカーが写真のように厳重に梱包してくれますので大丈夫ですが、中古品の個人輸入の場合は梱包が大変です。

海外から1台だけの輸入の場合でも梱包さえ完璧にできれば、飛行機の貨物便も利用でき、たとえばチェコのプラハ空港から関西空港まで約500㎏のペトロフのグランドピアノを取り寄せても航空運賃は25万円程度です。

当店でピアノを選ぶメリット

 

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary