ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

How to choice

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

演奏頻度もさることながら、温度と湿度管理が重要です。

冬場の暖房時の過乾燥には欠かせない加湿器 店頭にて撮影
ナカトミ スチームファン式加湿器[SFH-12]2万円前後 
沸騰式ですが掃除が簡単で重宝しています。

 

年間を通じて店頭で使用
MITSUBISHI 除湿器 [MJ-180KX-W]4万円前後
湿度設定が可能で、湿度50%以下の場合は作動しません。



デジタルの温湿度計 2千円前後
湿度計の寿命は5年前後らしいので新しいものが良いようです。


丁寧な調整を施しても、設置環境(温度と湿度)が適正でないとピアノの良いコンディションが保てません。

たとえばスタインウェイのフルコンサートピアノがあるホールでも、ピアノ管理者の方が2年くらいで交代されることが多く、しかもピアノにもあまり関心がない方も多いようです。

なのでお金をかけて丁寧な保守点検を施しても、温度・湿度管理がなおざりなことが多いので、現実にはピアノの状態が悪いホールがたくさんあります。

ピアノの調律とメンテナンス

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary