ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

How to choice

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ピアノの大きさの選び方、違いについて

スタインウェイのセミコンサートピアノC-227(奥行き227㎝)の写真です。(フルコンサートピアノD-274は奥行き274㎝)

プライベートホールや家庭で使用する大きなピアノと云えば奥行き210㎝クラスを云いますが、スタインウェイではB-211(奥行き211㎝)写真はペトロフピアノのP210pasat、奥行き210㎝です。

ピアノは大きいピアノ(GPは奥行き、UPは背の高さ)方が良いと云われている理由ですが、それは低音部の巻き線が長く張れるので巻き線自体を細くすることができ、その分、メリハリのある柔らかい魅力的な低音を出すことができるのが大きい方が良いと云われる理由の一つです。

アップライトの低音部の巻き線


具体的な大きさの違いはアップライトでは背の高さ118cm~132cm、グランドは奥行き155cm~274cmのことを云いますが、横幅はいずれも88鍵なのでほぼ同じになります。

もう一つの違いは、白鍵、黒鍵の大きさは同じですが鍵盤はシーソーのような動きをしますので、大きなピアノは鍵盤の奥行きが長くなる分、弾き易くなることです。シーソーに例えると、シーソーが長くなる分、弾き易くなります。

アップライトの背の高いピアノと背が低いピアノの鍵盤の奥行きの長さの違いです。


しかしながら最近は部屋のインテリアに似合う木目でコンパクトな良い音色のピアノを希望される傾向がありますが、基本的には(理論的には)同じ品質なら大きいピアノほど魅力的になりますが、これが儒順ヨーロッパ製のピアノでは、小さなピアノでも魅力的な低音と弾き心地の良いピアノも存在するでびっくりします。
 
グランドピアノとアップライトピアノの違い

 

 

 

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary