ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

トップの顔が見えるメーカー選びのご提案!

故、船井総研の船井幸雄氏曰く「あらゆる組織(会社も家庭も)はトップで99%決まる」と、これには私も大いに共感します。

これはピアノメーカも全く同じで、過去に輝かしい歴史を持ったブランドでも、現在のトップがどのような人物か?でメーカーの体質も変わり、それにともないピアノの品質も随分変ってきます。

やはり情熱を持ったトップがいるピアノメーカーであれば、自ずとピアノにも魅力と信頼がおけるように私は考えていますが、ここでご紹介するほどのトップは他にはないように思います。

先ずご紹介したいのがペトロフ社の5代目社長、スザンヌ・ペトロフさんですが、社内での評判も素晴らしいです。

チェコのペトロフ社の社長室にて

ご紹介したいもう一人のトップが、イタリアのファツィオリの創業者のパオロ・ファツィオリさん、今では国際コンクールでもお馴染みの人です。

ファツィオリピアノの輸入元社長、アレック・ワイル氏(左側、中央が筆者、右側がペトロフ社のタベット氏)、このワイル氏もピアノ愛好家であり筆者(植田)とは長年の友人です。

今、流行りの引き寄せの法則なのか、昔から云うところの類ともの法則でしょうか、とにかく筆者は、彼らの思想や哲学に深く共感しています。

たとえ有名ブランドであっても今のトップがどんな人物なのか分からないピアノ会社がほとんどですが、 ここでご紹介するトップは他のメーカーでは考えらないほどトップの顔が明瞭であり、しかも自社のピアノを深く愛する人達ですので、彼らの製品であるピアノも信頼がおけるように考えます。
 
そのような背景からもお手頃価格の純ヨーロッパ製ピアノならペトロフピアノ、世界最高峰のピアノということなら迷わずファツィオリピアノをお奨めしています。

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取