ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ピアノの運送費のお話

運送費は地域格差がありますが、市内の1F~1Fのアップライトピアノの移動で1万円5千前後、グランドピアノの場合は梱包料、開梱料含まれるので3万円前後となります。これに2階吊り上げで1万円加算、エレベーターの場合も1万円ほどの加算になります。

但しUPは問題ないですが、GPで奥行き210㎝以上でマンションのエレベーターに乗らない場合は、4階までなら通称ユニックで吊り上げますが、それ以上の階になると大型の特殊クレーンで吊り上げるので高額になります。




倉庫から倉庫までの移動費

案外安いのが倉庫から倉庫への長距離便で、たとえば岡山から東京、或いは鹿児島までの運送費はワンマントラックの路線便を利用するので、アップライトピアノで1万5千前後、グランドピアノでも3万円前後と比較的割安です。
ただし日本海側のように定期の路線便がない地域は高額になります。

ヨーロッパからの輸入ピアノの場合は?

日本である程度コンスタントに売れる輸入ピアノの場合は、まとめて船便でコンテナ単位で輸入するので割安で、1台あたりにすれば1万円以下になりますが、そうでない場合は高額になります。
 
浜松の流通倉庫にコンテナで入荷したペトロフピアノ


1台だけ航空便で輸入するとグランドで総経費込みで30万円前後と高額になり、さらに途中で傷がつかないように厳重な梱包が必要になり何かと大変です。

チェコのプラハ空港から岡山に入荷したペトロフのグランドピアノ

お薦めブランド ペトロフピアノ

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary