ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

スタインウェイの新価格(値上げ)が発表されました

スタインウェイの2018年の新価格が各機種数十万円の値上げで発表され、たとえばB-211で旧価格が税込¥14.580.000、新¥15.012.000と云ったところです。

何故、スタインウェイは毎年決まったように数パーセントの値上げになるのか違和感をおぼえたこともありましたが、毎年のことで今では慣れました。

たかだか数パーセントの値上げなので大したことはないとも考えられるのですが10年単位で見ると結構な金額になっています。



なぜ毎年数パーセントの値上げになるのか?

国産メーカーにこのあたりの値上げの事情を聞いてみると、材料費や人件費の値上がりもさることながら、どうやら国内工場の生産台数の減少に原因があるようです。

たとえば月産500台のピアノ工場が20%の減産で月産400台になれば工場の稼働率が20%下がるが、工場の維持管理費は同じなので、単純計算でピアノを20%値上げする必要があります。

それでも価格を据え置こうとすれば、現在は生産台数が多い中国工場から20%以上安い部品や部材を逆輸入すれば価格を据え置くことができます。

そのような背景から国産メーカーは上記のような方法で従来品の値上げを押えつつ、1台あたりの単価を上げるために高級バージョンとして従来品に加えて、新しくヤマハではSXシリーズ、カワイではシゲル・カワイシリーズが発売されていますが、これも一見値上げに見えないだけで実質的な値上げのように思います。

スタインウェイのような高級ピアノは基本的に本国生産(ファースト・ライン)なので部品や部材を安い生産国からの輸入品は使えず、元々高級ブランドなのでヤマハ、カワイのように新しく高級シリーズを作れないので、やむなく同じピアノが毎年数パーセントの値上げになりますが、むしろこの方が分かり易くて好感が持てます。

ただファツィオリのような年産120台という最初から限定少量生産の高級ピアノの場合は上記のような事情はないので、もともと高額ではありますが、スタインウェイのように毎年の値上げはあまりありません。

お薦めブランド スタインウェイ

お薦めブランド ファツィオリ

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary