ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

海外からの輸入ピアノの運送費は?

日本の輸入ピアノの関税はゼロとお伝えしましたが、それでは遠くヨーロッパから輸入するピアノの運送費はいくら位かかるのか?気になる方もおられるかと思います。

ヨーロッパのメーカーから仕入れる場合は、基本的には海上輸送のコンテナを利用、仮に20フィートのコンテナでアップライトであれば15台は入ります。

1コンテナの運送費はあちこちの港に立ち寄る便(安いが時間がかかる)であれば、ヨーロッパから日本まで1ヶ月少々かかりますが、この運送費は15万円程度(ペトロフ社の場合はメーカー負担)なので、単純に1台1万円ほどの運送費になりますが、これだと国内の運送費より割安な位です。

浜松の流通倉庫にコンテナで入荷したチェコのペトロフピアノ
ちなみにチェコは海がないので陸路でドイツのハンブルグまで運ばれ、ハンブルク港からの船便になります。

こちらはスタインウェイ


写真でお分かり頂けると思いますがメーカーから出荷されるものは、メーカー専用の段ボール箱に1台1台傷つかないようにしっかり固定され、さらに湿度の影響を受けないように真空パックされて送られてきます。

ところで輸送が難しいのは個人で現地で中古ピアノを購入したような場合ですが、重いピアノを壊れないように運ぶための荷造り(梱包)が大変です。

乗り合いコンテナで送れば安価に送れるのですが、長い道中、少々手荒に扱われてもピアノが壊れないようにピアノを厳重に保護するための梱包に苦労すると思います。

これはチェコからペトロフの特注グランドを航空便で取寄せた時の梱包です

箱を開けるとこんな感じに荷づくりされていました。


お奨めブランド ペトロフ

ピアノの性能(タッチ、音色、響き、表現力)を大切にお考えの方に
只今、ピアノ選びで後悔しないための資料を無料進呈しています

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取