ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ピアノの基本性能はトップで決まる!

あらゆる組織(会社)の優劣(メーカーなら製品)はトップで決まると言われていますが、これをピアノ選びの観点からすると代表的なものがイタリアの高級機、ファツィオリピアノだと思います。

ファツィオリピアノの現役創業者 パオロ・ファツィオリさん


自らも演奏者であるパオロ・ファツィオリさんが、今更という周囲の反対を押し切り演奏者のために最高のピアノを作るという信念のもと1981年に創業したピアノメーカーですが、ファツィオリさんの印象は人の好い田舎のおじさんという感じです、

ファツィオリピアノが凄いと思うことはいろいろありますが、たとえば従来のピアノは後から調整で修正が難しいところもファツィオリは修正できるようにしたことなど、良いと考える改良を全て設計段階で行っていることです。

実はこのファツィオリさんが最も頼りにしている技術者が日本人調律師の越智晃さんで彼は元スタインウェイジャパンの技術社員でしたので、彼が従来のスタインウェイのネガな部分を修正したのだ思います。

写真左が越智晃氏、ファツィオリジャパン(港区)のショールームにて


調律師 越智晃氏のご紹介

ウィキぺディアより
シドニー国際ピアノコンクール:初めてFAZIOLIがこのコンクールに採用された2016年、最終審査に出場した全6人の参加者は、1人あたり協奏曲を2曲ずつ演奏しなくてはならず、最終審査全体として12曲の協奏曲が演奏された。その内、9曲の協奏曲がFAZIOLIでの演奏を希望され、FAZIOLI以外のメーカーのピアノで演奏されたのはたった3曲という状況になるほど参加者からの支持が圧倒的に強かった。

お勧めブランド ファツィオリ

ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから




株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary