ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

コンパクトグランドのデメリット№1

最近よくこの種のご質問をいただきます

理論的なお話

奥行の大きいピアノは絶対音量が大きい他、低音弦(巻線)が長く張れるのでその分、巻線を細くすることできるので低音部が明瞭で柔らかい?音色になること、鍵盤の奥行が長くなるのでコントロール性が良いの2つが挙げられます。

奥行274㎝ ¥23.550.000- スタインウェイのコンサートグランド

鍵盤の奥行が長くなるので鍵盤のコントロール性が良くなります


コンパクトグランドは特性が上記の逆になります。

実際には理論ほど違わない?

スタインウェイのコンパクトグランドにはS-155(奥行155㎝)がありますが、見た目が小さいので何ほどのものか?と思いますが、実際に弾いてみるとこれで十分という感じです。

また同クラスの高級ピアノにファツィオリがあります、コンサートグランドがF278(奥行278㎝)で、コンパクトグランドはF156(奥行156㎝)ですが、弾いてびっくりするのはF156の魅力的なことです。

大型ピアノと同じ品質で製作されたコンパクトグランドは、これを丁寧に調整・整音をするとコンパクトグランドも見た目以上に魅力的なります。

これはヨーロッパのピアノ全般に言えることのように思いますが、しかし国産のコンパクトグランドは大きさによる違いの差が大きいように感じられます。

コンパクトグランドのデメリット№2に続きます


お奨めブランド スタインウェイ

お奨めブランド ファツィオリ

ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取