ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ピアノは素材という考え方があります

高級有名ブランドは所有する喜びや満足というものもありますが、性能を重視して考えると、有名高級ブランドでなくても予算に応じてできるだけコストパフォーマンスの高いピアノを選び、それを丁寧な調整と整音を施し、最終的に自分好みの音色とタッチに仕上げる方が演奏者にとっては明らかに弾いて気持ちが良いピアノになるというのが筆者の持論です。

安心の高級有名ブランドを選んで購入されても、タッチが重くレスポンスが悪くて弾き難い、音色が期待したほどではない等でどうすれば良いか?優秀な調律師を紹介して欲しい等のご相談のメールやお電話を良く頂きますが、後から一度リセットして再調整するには相当な手間(コスト)がかかります。











ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから




 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取