ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ピアノの海外からの輸送は梱包が大変です

ヨーロッパからの新品ピアノの輸入はメーカーが仕立てた特別仕立ての梱包で船便でも航空便でも簡単ですが、これを個人で行う場合で一番困るのはピアノの梱包をしてくれる業者がいないことです。

たとえばチェコのペトロフピアノの輸入の場合は、メーカーが専用梱包をしており、1コンテナの船便の送料も15万円ほどなので、ピアノ1台の輸送費は1万円(メーカー負担)で輸入しています。


特に急ぎの場合は航空便で送ってもらうことがあります。

これはペトロフP210 Storm(奥行き210㎝、重量410㎏)をチェコのプラハ空港から関西空港に航空便で送ってもらった時のものです。

チェコのプラハ空港からアメリカに寄り道して約1週間で関西空港に到着、写真のような特別に厳重な梱包で到着しました。

箱の中はピアノを真空梱包してこんな感じです。

このピアノは現在、浜松ピアノの3Fに設置されているピアノですが、410㎏のピアノが飛行機でヨーロッパから運んで来られたと思うと自然に愛しさが湧きます。

お奨めブランド ペトロフ



無料資料の詳しいご案内はこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取