ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

適切な空調でメンテナンスも安上がり

せっかく丁寧な調整を施しても、設置部屋の温度と湿度管理が適切にされていないと木材やフェルト・クロスが変形し、早期に調律や調整が狂いピアノの寿命にも大きく影響します。

ピアノ部屋を20~24℃、湿度も50%前後を年間を通じて保つと、ピアノに大きな変化がないので結果的にメンテナンス費用も安上がりになります。

ですからメンテナンス時期は、半年に1回か1年に1回かということではなくて、空調の管理次第で決まります。

ピアノの快適な性能を維持するには除湿機と加湿機は必需品ですが、日常のことなのでなるべく手間のかからないものがお薦めです。



ピアノの性能を大切にお考えの方に下記資料2点を無料進呈しています。

資料の詳しい案内はこちらから

グランドピアノの3日間の調整作業を動画でお見せしていますが、丁寧な調整でいかなるピアノであれ性能が大幅に向上することがご理解頂けます。DVD全24分

 
ネット上では公開できない業界の矛盾点や裏話を満載。全44ページのピアノ選びの新しいバイブルです



株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取