ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

松尾楽器さんのピアノ業界に対する功績

松尾楽器さんと云えばスタインウェイの元日本総代理店であり、60年以上日本のスタインウェイの普及に多大な貢献をされ、全国のホールへのスタインウェイの納入実績やその技術力も業界では高く評価されていました。

その松尾楽器さんが2020年12月一杯でスタインウェイの販売をやめ、それに伴い松尾ホール、スタジオも2021年3月で閉められました。

スタインウェイの老舗、松尾楽器さんが閉店


松尾楽器さんの功績はいろいろあるとは思いますが、一つは1年に一度、2日間をかけた保守点検の習慣、もう一つは精密調整ができる技術者を時間をかけて育成したこと、この二つを上げたいと思います。

①ホールのスタインウェイの保守点検

ホールにあるスタインウェイは普段の調律とは別に、1年に一度、保守点検と称し、2日間かけて調整・調律・整音を行う習慣を残しました。他のメーカーはそのような習慣がないので、これでは調律だけの他のメーカーと歴然とした性能差が生まれますが、これがスタインウェイの評価を高めた大きな理由だと思います。


②精密調整ができる技術者を育てたこと

現在はファツィオリ・ジャパンの技術者である越智さんによると、彼は国立音大の調律科を卒業後、松尾楽器さんに入社したそうですが、当初はグランドのダンパー調整だけを3ヶ月やらされたそうですが、研修期間を長く取り時間をかけて精密調整ができる技術者を育てたことだと思います。

普通は効率重視の即戦力ということで調律学校を卒業後、短期間で有料調律のメンテナンスに出されるので、ちゃんとした調整ができる調律師が育っていません。

ピアノの性能を大切にお考えの方に下記資料2点を無料進呈しています。

資料の詳しい案内はこちらから

グランドピアノの3日間の調整作業を動画でお見せしていますが、丁寧な調整でいかなるピアノであれ性能が大幅に向上することがご理解頂けます。DVD全24分

 
ネット上では公開できない業界の矛盾点や裏話を満載。全44ページのピアノ選びの新しいバイブルです

 



株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取