ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ピアノの保証期間とその意味

新品ピアノのメーカーの保証期間は1千万円クラスでも5年、稀に国産の40~50万円の中古アップライトでも10年間の保証を謳う店がありますが、保証期間と保証の内容をご存じの方は少ないようです。

新品ピアノのメーカーの保証期間は、一般的なヤマハ、カワイの新品で納入日から1年間、スタインウェイの新品で5年間ということになっていますが、時折、安価な国産のアップライトの中古品でも10年間保証と謳い、安心感を訴える販売店もあります。

たとえばチェコのペトロフピアノの場合は、下記のお客様カードがお手元に残ります。
20161101132330

 

20161101132359

 

 

 

 

 

 



保証内容としては、適切な設置環境下で適切な使用をされている場合に限り、製造上の不具合があった場合は、無償修理か、修理不能の場合は同等品と交換致します。と云った内容です。

保証で問題なのは、適切な設置環境というのが一番の曲者です。
たとえば鍵盤が戻らない、音が出ない等の不具合は、いわゆる故障ですが、これは通常、適切な環境、つまり湿度と温度が適切に管理されている部屋に設置され、きちんと調整されたピアノであれば、ほとんど起こりません。

逆にいくら丁寧に調整されたピアノであっても、湿度と温度が適切に管理されていない部屋に設置された場合は、短時間、短期間で不具合が出てきます。
ですので、これらは基本的には保証の対象外になります。

本当に困った問題とは、万一、フレームが割れる等があれば、これは修理不能で問答無用で交換になりますが、こういう不具合はまず起こりませんし、古くなると響板割れや響落ち、駒落ちが起こることがあり、これは修理可能ですが、適切な空調管理がなされていなかったのが原因と云われれば、それまでになります。

そのように考えると、ピアノの場合の補償期間というのは、云ってみるだけで、何年であってもほとんど意味がないことになります。
なので販売店のなかには、安価な中古の国産アップライトの保証期間が10年という謳い文句も登場するわけです。

実際のところは保証期間に関係なく、メンテナンスは販売店とお客様の信頼関係の上に成り立っており、設置環境が悪ければ適切なアドバスして環境を改善してもらい、丁寧に調整されたピアノの場合、仮に不具合が起こっても、定期メンテナンスの折に簡単に修復できますので、余程のことがない限り、通常のメンテナンス料金で収まります。

あえて云うと、新品の場合は、納入経路(販売店名)と納入日時、ファーストユーザーである(中古品を買ったのではない)ことを証明できるものがあれば、万が一の時には多少役に立つことがあるかも知れません。

お薦めブランド

 

 

 

 

 

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取