ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

楽器業界の偉大な経営者、梯氏が亡くなられましたね。

電子楽器メーカー、ローランドの創業者
梯郁太郎氏(かけはし・いくたろう)

私的には故、松下幸之助氏、本田宗一郎氏と並ぶ偉大なる創業経営者のように思っています。

今はもうローランドとはご縁がないのですが、昔、梯氏が会長時代には弊社にもたびたびご来店頂き、お昼には近くの安価なセルフのうどん屋さんにご案内したことがありますが、珍しいということで喜んで頂いた思い出があります。

このように全国の販売現場を会長自ら回ることを、ローランド社内では水戸のご老公にたとえて、ご老公が行くという表現をしていたのを憶えています。

彼は今で云うカリスマ経営者ですが、さすがにどんなにお金持ちで偉くなっても腰が低く、体力と時間が許せば自ら販売の最前線をまわり、売り場の女の子にも優しく声をかけて、現場の生の声を聞いて回られていました。

私はかつてローランドの世界の販売店が集まるディーラーミーティングにも参加したことがありましたが、海外のディーラーの社長さんからも、梯さんは特別に尊敬と信頼され高く評価されていました。

ちなみに梯さんは独学で英語をマスターした(ご本人の弁)カタカナ英語でしたが、そのカタカナ英語で一人で海外に売り込みに行かれたようですので、流暢な英語でなくも大丈夫と梯氏を見ていて思ったものでした。

私には今のアコースティックのピアノ業界で梯氏に近いイメージを持つ人として、ファツィオリピアノの創業者のパオロ・ファツィオリさん、ペトロフピアノの創業者の5代目社長のスザンヌ・ペトロフさんの顔が浮かびます。

お二人とも梯氏と同じように腰が低く、現場の人間の声にも謙虚に耳を傾けてくれます。
 
あらゆる組織はトップで99%決まると云われていますので、素晴らしいトップがいる会社の製品は信頼がおけますし、会社も発展します。
その意味でも電子楽器業界の偉大なるトップの梯氏が亡くなられたのは残念です。

お薦めブランド ペトロフピアノ

お薦めブランド ファツィオリピアノ

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取