ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ピアノの外装についてのお話

弊社に展示中の白のピアノ、白もステキですね!

弊社1Fのアップライトピアノコーナー


弊社2Fのグランドピアノコーナー

従来、ピアノと云えば黒の艶出しが一般的でしたが、最近の選択肢は特にアップライトピアノではリビングに似合う木目のピアノが中心です。

木目の代表的なものではマホガニーとウォルナット、それも艶出し(外装を堅いポリ塗料で覆っている)が一般的ですが、ピカピカして嫌という方には艶消しの選択肢もあります。

メーカーや販売側の立場から考えると黒の方が簡単ですが(黒はどれも同じなので)、木目は種類も多く(ウォルナット、マホガニーの他にチェリー、オーク、ビーチ、アルダー等)色目も微妙に違う木目のピアノは、購入者側からは新品のピアノの場合は、多くの木目から自宅の部屋の雰囲気やお好みに合わせて選ぶ楽しみがあります。

高級家具を思わせるRed Elm Briar(赤ニレ玉杢)銘木を外装に使った最高級のファツィオリピアノ、全国に一台しかありませんが、家が一軒建つ程のお値段とか。


種類が多い木目のピアノゆえに、お値段も一般的に黒に比べて高額になる木目のピアノですが、例外的に、もともと少量生産で、しかも、たくさんの種類の木目を中心に製造しているチェコのペトロフピアノの場合は、国産ピアノに近い価格で黒と木目の価格がほぼ同じというメーカーもあります。

もともと木目が中心のペトロフピアノ(弊社1F展示場にて)


ピアノの選び方とその問題点

お薦めブランド ペトロフピアノ

お薦めブランド ファツィオリピアノ

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取