ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

日本製と欧米製の違いについて 日本製ピアノの特徴

みんなのピアノ選びから抜粋

日本製ピアノの特徴

日本のトップメーカーの生産するピアノは、相対的に工業的な面(部品の加工技術や寸法的な精度)において、非常に優れているように感じます。
世界の各メーカーをみても高い水準にあることは間違いありません。



88鍵のタッチを均一に弾きやすく仕上げるためには、アクションや鍵盤等の各部品にゼロコンマ単位での精度が要求されます。
その点、より正確に造られている日本製ピアノは調整しやすく、鍵盤のタッチ感が比較的きれいに揃えられるので、多くの調律師が作業に助けられているのではないでしょうか。



ただピアノの奥が深いところは、いくら精度が完璧であっても、楽器の魅力はまた別であること。
日本のメーカーは良くも悪くも工業品として製造するためでしょうか、音の響きがやや平面的な印象を受けることがあります。



この理由としては、楽器の要である響板を人工的に乾燥させて短期間で生産する工程が、ピアノの響きに少なからず影響を与えているように思います。もっとも、そのハイテク技術のおかげで、ピアノの大量生産と一般家庭でも手の届きやすい低価格が実現可能となっている訳ですが…。



何はともあれ、性能と価格のバランス、つまりコスト・パフォーマンスを考えるならば、日本製ピアノは全般的に優秀と言って良いでしょう。

一定の品質基準のもと製造されていると言えど、そこは生の楽器。日本製であっても音やタッチには個体差が存在するのでご注意を。

みんなのピアノ選び
 
お薦めブランド ディアパソン

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary