ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

西陣織職人とピアノ技術者の「弟子募集」

京都の西陣織職人がツイッターで弟子を募集したところ、その求人条件が「ひどすぎる」としてインターネット上で批判を浴びる騒動があったとのニュースがありましたが、私には今のピアノ業界、特にピアノ調律師業界とイメージがダブリます。

「半年給与なし。仕事保証なし」  京都・西陣織職人の「弟子募集」はブラックと言えるのか

ちなみにヨーロッパでは日本と違い、職人の社会的地位も高く、給与レベルも高いので優秀な職人が多いようです。
 
チェコのペトロフ社のピアノ作り風景
ペトロフ社のピアノ作りの職人

ペトロフ社のピアノ作りの職人

伝統的な西陣織

西陣織職人の募集内容は?
「西陣織を習いたい、将来的に仕事にしたい方を募集します。ただし最初の半年は給与的なものも出ませんし、その後の仕事を保証はできません。ただ、この西陣織の職人が減りゆくなか、将来的に技術を覚えておきたい方に無料で教授いたします」です。

一般から見たら酷い労働条件になりますが、私には募集側の事情も良くわかります。

たとえばピアノ調律師になろうとした場合は、高卒、または大卒後、浜松のヤマハ、カワイの専門学校に1年間行き授業料も200万円ほどは必要ですし、その他の調律専門学校では2年間で300万円程の授業料が必要になります。

ですのでこの西陣織の場合も、前もって数年間の授業料を受講生から徴収し、卒業生の中から特別優秀な人を見習いとして雇えば少しは給与は払えるのではと思います。
  
しかし仮に専門学校を卒業しても技術者としては半人前なので、特に西陣織のように出来不出来が誰でもわかる物は、半人前の技術者は全く役に立たないので、本来の技術習得のためにはさらに数年の下積み経験が必要になります。

ただピアノの場合は、ピアノを良くお弾きになる方は別ですが、多くの方の場合は、仕事(整調・調律・整音)の出来不出来が分かりづらいので、専門学校を卒業後すぐに、一般家庭を有料で調律して回っているのが西陣織と一番違うところです。

これは本来のピアノのメンテナンスのあり方が良く知られていないのも大きな原因ですので、本来のピアノのメンテナンスのあり方の情報提供が大切だと考えています。

ピアノの調律とメンテナンス

ピアノを愛するあなたへ 天職発想で私達と一緒に仕事しませんか!

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


スタインウェイ・フルコンサートピアノの保守点検

数あるホールのピアノのなかでも、評価の高い早島町のゆるびの舎のスタインウェイですが、今年もまた東京からスタインウェイの社員調律師の鈴木さんが来岡、1年に一度の保守点検が昨日、今日の2日間をかけて行われています。



保守点検とは?
使用頻度の高いホールのピアノは、コンサートごとに調律はされますが、日頃は調律以外の時間が取れないので、1年に1度、2日間をかけて、主としてメカニズム系の不具合を適正な状態に戻す作業のことを云います。

スタインウェイDモデルの鍵盤とアクション
この複雑なメカニズムを持つアクションとそれに付随する鍵盤を適正な状態に修正します。

この整調と呼ばれる作業は精密な工程な要求され、長時間(2日間)の地味な作業の積み上げになりますので、高度な集中力と経験が必要ですので、これがきちんとできる技術者も限られます。






「毎回、コンサートごとに調律をしているのに、なぜ普段の調律とは別に、2日間もかけてこのような作業が必要なのか?やはりスタインウェイは高価なだけありメンテナンスが大変だね~」とお考えの方も多いかと思います。

昔は私も同じように考えていたんですが、実は良いコンディション(快適なタッチや音色、響き)を維持するには、スタインウェイに限らず、一般家庭にあるヤマハ、カワイのグランドでもアップライトでも必ず必要な作業です。

このような調整の重要性をぜひ、ご理解頂けたらと思いご紹介させていただきました。

ピアノの調律とメンテナンス

 

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ジャズの老舗ライブハウス バード  岡山市表町

ライブハウス バードは岡山では老舗のジャズのライブハウスです。

マスターがその演奏力を認めたプレイヤーしか演奏を許さないという意味でも地元では有名でした。

ところがその名物マスターが残念なことに病気で亡くなられ、あわや閉店ということになったのですが、閉店を惜しむ常連のジャズ仲間から、弊社のギター講師でライブハウスにも常連だった堀口さんが独身でお酒好きということもあり、ジャズ仲間から押されて、今は、このライブハウスを経営しています。

経営といっても、もともとミュージシャンの堀口さんは金銭欲があまりなく、多くのジャズ仲間に支えられての運営ですが、堀口さんの言い分をお聞きすると、儲からなくても毎晩お酒が飲めてジャズ仲間の演奏が聴けるということで、大いに満足されているようです。

カウンターの中でお酒を作る堀口さん(通称ホーリー)ですが、さすがにお酒が好きなだけありアルコール類を作るのは得意なようです。



 ずっと独身なので料理も得意かと思いきや、包丁を持ったら指をきりそうになったそうで、お酒のつまみも、カウンターの瓶にある柿のタネとか、ポテトチップ類のみという超シンプルなメニューだけなのでびっくりしました。

まあ、この辺も彼の飾らない人柄の良さもあり憎めないところで、お客様もそれで良しとしているようです。

でも彼らの様子を見ていると、まるで学生時代のクラブ活動と云った感じで、お客様以上に、演奏者の彼ら自身が、演奏中はもちろん、ここでジャズ仲間と過ごす時間を一番楽しんでいるようで、こんな人生も悪くないかなと思いました。

ジャズの好きな方は、機会を作って一度、このライブハウス バードを訪ねてください。
岡山市北区表町3-6-3 福原ビル2F 
LIVEHOUSE BIRD TEL086-232-4831

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary