ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

How to choice

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

大人の趣味で弾くピアノ

 

昨日は京都府八幡市のK様宅へピアノメンテナンスでおじゃましました。
 
 
 
ピアノはペトロフP-Ⅳ、
K様は趣味でピアノを弾かれるだけでなく録音したりと機器にも詳しいようなので色々と教えていただきました。
 
 
 
 




ところで、このマイクの下についてる白い物は何だと思いますか?
これは温度や湿度を計測する機械、「おんどとり(T&D社)」で、ピアノは温度や湿度に影響を受けやすい楽器だということは皆さんもご存知だと思いますが、この機械はただ測るだけでなく外出時にもクラウド経由で、いつどこにいてもピアノの温度や湿度が分かってしまうという優れものなんです。
 
 
 

このようにグラフになって時間ごとに温度や湿度が把握できとても分かりやすいです。
K様、色々と教えていただき有難うございました。
 
 
そして今日は兵庫県姫路市のH様宅で朝から夜までの1日コースで調整をさせていただきました。
 
ピアノはボストンGP-178(写真撮り忘れました)

 
以前H様より、同音高速連打(1つの鍵盤を早く連打すること)が出にくいのでこれは調整で直るのか?というメールをいただきましたので、「それは調整で可能です」とお答えしました。
 
ただし条件がありまして、鍵盤を押し下げハンマーが弦に当たるまでのアクションメカニックの動きが正常な状態になった時に初めて連打や繊細なピアニッシモが出しやすくなります。その為にはたくさんやることがあり時間がかかるので1日コースをご提案しました。
鍵盤調整から始まり、ジャックという部品の位置や動きをスムーズにし、タイミングを揃えて・・・という連打の仕組みをざっと説明しました。少し難しい内容だったかもしれません。
そして今日行なった調整メニューは、
 
 
(1)鍵盤下・棚板・フレーム周りの掃除
(2)キーピン(鍵盤のピン)の表面が滑らかになるようにマックルーブ塗布
(3)鍵盤整調(バランス・フロントホール調整
(4)棚板調整
(5)鍵盤高さ調整
(6)弦合わせ調整
(7)バックチェック合わせ調整
(8)打弦距離調整
(9)ジャック前後・高さ調整
(10)鍵盤深さ調整
(11)ハンマー接近調整
(12)ハンマードロップ調整
(13)ハンマーストップ調整
(14)スプリング調整
(15)ソステヌート調整
(16)ダンパーストップレール調整
(17)調律
(18)弦当たり調整
(19)ハンマー弾力調整
 
 
実際の調整シーンを知りたい方はこちらからどうぞ→アクション調整動画

 
さてさて、以上のメニューを行なった結果、かなり弾きやすくなりH様も喜ばれておりました。来月は発表会でショパンのスケルツォ第2番を弾かれるそうです。
 
今回の2日間はお二方共大人の趣味で弾かれるということもあって、タッチや音色にこだわりを持っていたので、私もとてもやり甲斐があり楽しませていただきました。
 
 
京都府八幡市のK様、兵庫県姫路市のH様ありがとうございました。

1台1台丁寧な調整を心がけています

三木 淳嗣


練習させて

 
 
この月曜日は休みでしたが、タイミングよく我が子達が風邪やら何やらをひいてしまい耳鼻咽喉科に連れていきました。
 
 
 
 
鼻水や咳をコホコホと患者さんが多かったのですが、そんなことも御構い無しでマイペースで待合室のおもちゃで遊ぶ二人。
 

その後は、やり残した仕事があったので二人共店(職場)に連れて行きました。





月曜日は定休日でしてちょうど2Fのトイレ改装工事が始まったばかりで2Fのピアノ達がこのようにシートで覆われていました。

 
1F&2F共にトイレは和式なので時代について行くべくようやく洋式にと変身してくれるようでありがたい限りです。
ただここのトイレは30センチほどの段差があった為この段差をフラットにするところからの工事で、数日がかりで完成するそうです。
 
 
 

 

なんだか大変そうですね。

 

そんな中、私が修理作業をしている間、子供達はというと・・・パソコンのyoutubeで子供番組を見せたら釘付けになってくれたので助かりました。

 

そして15分ほどで作業が終わったので隣に行ってピアノを練習しようと、そ~~っと部屋を出てピアノを弾き始めると・・・。

 



 

これは心霊写真でしょうか。
 
 
いえ違います。やはり来ました、我が息子の清太です。
 





来月のリレコンにむけて練習しなきゃいけないのに、お邪魔ムシがやってきました(笑)

お姉ちゃんはアンパンマンに切り替えると再度釘付けになってくれたのですが清太は寂しがり屋なので・・・
 
結局20分位しか弾けませんでしたが、とりあえず一度録画してみました。
曲はラフマニノフ/プレリュードop.32-12、ピアノはディアパソンDR-500です。途中清太の泣き声が入ってますが(笑)   こちら→練習風景
 


 

練習させてくれ。

1台1台丁寧な調整を心がけています

三木 淳嗣


お手伝いしてもらいました

昨日はまたまたお手伝いをしてもらいました島根県松江市のO様宅のHちゃん小学3年生。

 



興味津々にピアノの部屋へ挨拶に来たので、一緒にやってみよっか?と聞くと、コクリとうなずいたので、早速掃除を行う為に鍵盤を取り外しそして再び鍵盤を入れるコツを教えると1発で出来るようになったので低音部をお任せしました。
 
 
 

 



その後は鍵盤のバランス・フロントホールのチェック方法とペダルのサビ取りも伝授し、ペダルはご覧の通りピカピカになりました。
すっかり意気投合し(笑)、学校での授業のこと、面白い先生がいることや国語の三年峠を音読してくれたりもしました。
 
 
 
 


最後に来月の発表会で弾くスコット・ジョプリンのエンターテイナーを披露してくれました。
 
Hちゃん、今の調子でピアノをこれからも楽しんでくださいね。


この日の午前中は鳥取市のS様宅へお伺いしました。
ピアノを弾くのは3歳のAちゃんと奥様、下にまだ生後6ヶ月のSくんがいたので、なんだか三木家の我が子達と2人とも歳が近いのもあって、旦那様も交えての育児トークとなりました(笑)
人見知りのAちゃんも1時間位で慣れて来て最後の方では、粘土を使ったおもちゃのアイスを作ってきてくれました。
私には不思議と子供と動物が寄ってくる能力があるようです(笑)


昨日は島根県の浜田市に宿泊し、今朝は島根県益田市のM様宅へお伺いしました。
ここには小型のシンメルというピアノがあり、これがまた良い音を響かせてくれるんです。今練習中のラフマニノフのプレリュードop.32-12にはなかなか良い感じです、特に高音部。

M様はいつもお土産や移動中のお昼ご飯にどうぞと親切にしていただいてます。ありがとうございます。




午後は山口市平井のS様宅へ納入調整にお伺いしました。
ピアノを弾くのはKくん6歳と奥様。8畳ほどの楽器専用の部屋を作り、ドーンとピアノ(ディアパソンDR-300)を置いています。よく響く部屋でピアノの屋根を閉めててもいい位でしたので、あまり響き過ぎるのが気になるようでしたら、ピアノの響板の真下に毛足の長いラグを敷くことをお勧めしました。床に反射してよく響くのでこれで少しは吸音になるのです。




昨日買ってもらったばかりの妖怪ウォッチの腕時計を自慢気に見せてくれた陽気で元気なKくん、いいピアノを買ってもらって、これからも楽しんで下さいね。

 
鳥取市のS様、島根県松江市のO様、島根県益田市のM様、山口市のS様お世話になりありがとうございました。
ちなみに移動は全て車でしたので、この2日間の走行距離は810kmでした(笑)

1台1台丁寧な調整を心がけています

三木 淳嗣


ピアノ日誌Piano Diary