ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ペダルの雑音~アップライトピアノ編①~

 

「ペダルを踏むと何か変な音がする・・・」

このような声をよく耳にします。

今回もヤマハアップライトピアノからほんの僅かですが
「チッ」という雑音が出ていたので直しました。

 

o0480036012930194294

こちらはペダルの内部です。
今回は右のダンパーペダル(弦の振動を止める役割)から雑音が発生。

 

 

o0480036012930194187

雑音の原因は、金属と金属が擦れる際に
部品のサビや汚れによって雑音が発生していました。

 


 

o0480036012930194150


まずは各パーツを外してバラバラにします。そして掃除です。

 

o0480048012930194174 o0480048012930194268


べちょべちょになってる部品をキレイに磨きます。

 

o0480048012930194204 o0480036012930194277


新たにテフロン入りグリスを少しつけて、外した各パーツを取付けたら完成です。

 

 

o0480036012930194222

 

今回はほんの一例ですが、他にもペダルの雑音が出る原因はたくさんあります。
しかしほとんどの原因は部品と部品が擦れる際に出る音なので、
各部品をキレイに掃除したり、摩耗したゴムやクロス系の部品を交換すれば大抵は直ります。

またペダルを踏んだ際にキシむような音があれば、底板の緩んだネジを増し締めしたり、
下前パネルのダボの接触面の掃除やクロスの貼り替えをすれば直ります。

なんだか難しい話になりましたが、ようするに部品をキレイにしてあげるといいわけですね。


というわけで今回は時間があったのでペダルも磨いてみました。

 

o0480034412930194244


サビサビですね・・・

これは私のやり方ですが、まずはスチールウールで頑固なサビを落とします。
次にスチールウールでついたキズを中目のコンパウンド(研磨剤)でとり、
最後に超極細のコンパウンド(研磨剤)で磨きあげます。

 

o0480034312930194258


仕上がりはこんな感じです。鏡のように顔が写りますよ。
ペダルを外して機械で磨けばもっとキレイに出来ますが、
そのためにはピアノを倒さないと難しいので、現場でやる際は手磨きです。

もちろんペダルの表面を磨いても音には関係ありませんが・・・

 

要は気持ちの問題です。

 

1台1台丁寧な調整を心がけています

三木 淳嗣


鍵盤を軽くしてほしい

 

今日は倉敷市S様宅のヤマハG1のメンテナンスでした。


他社で定期的にメンテナンスをしていたにも関わらず
とにかく鍵盤が重いのでどうにかして欲しい!とのご依頼でした。


初めてお伺いさせていただきピアノの
状態を見ると、やはり調律だけの
メンテナンスしかされておらず
肝心な整調・整音の調整不足が原因でした。


とりあえずお試しで、1日コースの調整をしました。


今回の要望は

「鍵盤を軽くして欲しい」ということなので、
ただ普通に調整するだけではなく鍵盤が重い原因を一つずつ確認しながら作業しました。

 

 

 

o0480036013666887792o0480042613666887806
まずは鍵盤を外し掃除、
ベタベタしたバランス・フロントキーピンを
全て磨き滑りを良くしました。
(重く感じる原因その1、ベタついた部品は摩擦抵抗が増す為重くなります)

 

 

 

o0480036013666887825 o0480036013666887844 o0480036013666887868

鍵盤バランス・フロントホール左右の遊びチェック。
バランス・フロント共にほぼ全鍵遊びがなかったのでクロスを圧縮する作業をしました。
(重く感じる原因その2、左右の遊びがない為部品の摩擦抵抗が増し重くなります)

 

 

 

o0480036013666887890

ハンマー整形後にハンマーのポジション合わせ(弦合わせ調整)

 

 

 

o0480036013666887912

ローラー(黄色の部品)の滑りがあまり良くなかったためテフロンパウダーを付けます。
(重く感じる原因その3、部品の摩擦抵抗が増していた為重くなります)

 

 

 

o0480036013666887921

ジャックの前後高さ調整。
(重く感じる原因その4、ジャックの高さが高過ぎて始動時に摩擦抵抗が増える為重くなります)

 

 

 

o0480036013666887938
打鍵距離調整。
ハンマーの高さ・並びを揃えます。

 

 


 

o0480036013666887950
ハンマー接近調整。
(重く感じる原因その5、ジャックの動くタイミングが早い為重くなります)

 


 

 

o0480036013666887964
ドロップ調整。
(重く感じる原因その6、ドロップ量が多い為重くなります)

 

 

 

o0480036013666887972
ハンマーストップ調整。
(重く感じる原因その7、打弦後ハンマーがストップするタイミングが遅い為重くなります)

 

 


 

o0480036013666887983

スプリング調整。
(重く感じる原因その8、スプリングが弱過ぎて部品の戻りが遅くなる為重くなります)

 

 

 

o0480036013666887999

49A=442Hzに調律。

 


 

 

o0480036013666888008
弦あたり調整。
ハンマーと3本の弦が同時に当たるように調整します。
人で例えると、歯の噛み合わせの原理によく似ています。
最後に硬いハンマーに針入れ作業します。


 

朝9時から始め18時過ぎにとりあえず作業が終わり、
お客様へ確認をしていただきました。


「全然別のピアノになったみたい!軽い、軽くなった!」
と喜んでいただけました。
ちなみに鍵盤の重さを計測すると、7g(ダウンウエイト)も軽くなりました。

 

鍵盤の重さの原因はいくつかありますが、
その大半が部品のサビや汚れによって摩擦抵抗が増えること、
また各部品のポジションや動作の
タイミングをちきんと合わせていけば、
ほとんどが解決出来ます。

まだ全ての作業工程が終わったわけではありませんが、
とりあえず今日は1日で出来ることをしました。
また定期メンテナンスでやり残した工程を、
少しずつ進めていくことでご了承いただきました。


S様お世話になりました!

 

1台1台丁寧な調整を心がけています

三木 淳嗣


定期メンテナンス~姫路編~

今日は朝から姫路市で定期メンテナンスでした。


午前中はK様宅のペトロフP118-C1
奥様がご趣味でお弾きになります。

昨日初めてぎっくり腰になったそうで・・・
そんな身体に負担がかからないように弾きやすいピアノに調整しました。

 

 

o0480036013664222339

まずは鍵盤下の掃除から始め、
鍵盤がスムーズに動くように1鍵ずつチェック。

 

 

 

o0480036013664222348

鍵盤を左右に動かし適度な遊びがあるかチェック。

 


 

 

o0480036013664222362 o0480036013664222375

最低音と最高音はあまり弾かれないため、
鍵盤の裏側にあるクロスがほんのわずか膨張していました。
この膨張した赤いクロスをほんのわずかに圧縮して適正な状態にします。

 

 

 

o0480036013664222387

鍵盤を持ち上げ元の位置にもどってくるか全ての鍵盤をチェック。
降りてこない鍵盤があれば、
部品が引っかかってブレーキがかかっているためきちんと調整が必要です。

ピアノの土台である鍵盤の動きを全て
同じにしないとタッチ感も音色も音量も
揃いませんので鍵盤調整はとても重要な調整です。
この鍵盤調整を手を抜かずにどこまで丁寧に
やるかで技術者の意識レベルがわかります。

 

 

 

o0480036013664222397

弦をたたくハンマーのポジションをチェック。

 

 

 

o0480036013664222410

弦のど真ん中に当たるように全ての
ハンマーをチェックし、
ズレているのは調整します(弦合わせ調整)

 

 


 

o0480036013664222420

ジャックという部品の高さの調整です。
正しいポジションでないと連打が出にくくなったり、
パワー漏れもするので全てのジャック(部品)が同じ位置に来るように揃えます。

 

 

 

o0480036013664222432

ハンマー打鍵後のストップ位置を同じに揃えます。
正しいポジションにもってこないとpp~ffが出ないだけでなく連打も出にくくなります。


調律は半年で3Hz下がっていましたが
新品のピアノなので弦が落ち着くまでにはこれくらいは許容範囲です。

仕上がりは音色もとても明るくなって気持ちが良いと喜んでいただけました。

 

 

o0480036013664222443

ティータイムでは猫の参加もあり癒されました。

 

 

午後は同じく姫路市F様宅のボストンGP178の定期メンテナンス。


主にご主人が趣味でお弾きになります。
今回の要望は、
「ダンパーのハーフペダル時に中~高音部と
低音部の効き具合が弱冠違うから揃えて欲しい。
それと中音部の特定の音が
連打しにくくなってきたから直して欲しい」
とのことでした。



 

 

o0480036013664222455

まずはアクションメカニックを外に出しお決まりの掃除から。
いつもご主人と向かい合わせて作業を
見ていただけるので嬉しい限りです。
いつも見てるからそのうち工具渡したら出来るようになるのでは(笑)

と冗談はさておき、

 

 

 

o0356022413664222471

鍵盤の遊びの調整。

 


 

 

o0400027413664222482

ジャック前後高さの調整。
連打する上でジャックの調整は欠かせません。

 

 

 

o0408032213664222497

スプリング調整。
ほんのわずかにスプリングが弱くなっていたので適度な強さに調整。
これによって連打がスムーズに出るようになりました。

 

 

 

o0480036013664222509

そしてダンパーの調整。
本体の中にあるダンパーのレバーの高さから見直しリセットしてます。

この後ダンパーの上がるタイミングを
1つずつ調整し、ハーフペダルの状態で確認。
ダンパーはフェルトなので目視で
揃っていても実際の効き具合は音で確認しないと揃いません。
やはりバラツキがあり、何度も修正を重ねてようやく揃いました。

最後に確認していただいてOKいただきました。
この写真はそのご主人に撮っていただきました(笑)
ありがとうございました!


K様、F様、お世話になりました!

 

1台1台丁寧な調整を心がけています

三木 淳嗣


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取