ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

スタインウェイセミコンの定期メンテナンス

 

今日は某大学ホールにお伺いしました。
明日に催しがあるため事前メンテナンスです。

 

 

IMG_5481

IMG_5287
ホールに入るとひんやり涼しく、当日と同じ空調にしていただいてとても助かりました。

 

 

 

 

IMG_5279

ピアノはスタインウェイCモデル、2番目に大きいセミコンです。

 

 

 

 

UJEZ7877IMG_5286
オールカバーを外して屋根を開けてみると・・・むわっと熱気が。
内部の温度を測ってみると32℃。

室内温度と差があり、すぐに調律はできないので、
1時間以上馴染ませ(冷やす)てる間に、整調します。

 

 

 

 

RCMH7976
鍵盤を外して掃除から。

 

GHYG6369 EXAU0026

鍵盤の真下のクッション(バランスパンチングクロス)に
髪の毛が1本のっかっていました。

たかが髪の毛1本と思うかもしれませんが、
これで鍵盤の高さが随分と変わってしまうのです。

 

MMFD2484
人間の髪の毛の太さは約0.06〜0.1mmですが、
鍵盤の高さを調整する際に、鍵盤の下に挟む
紙の厚みは一番薄くて0.03mmを使います。
髪の毛よりも薄い紙で調整しているので、
髪の毛のような太い物がのっかってるとその鍵盤は高くなってしまいます。
最初に鍵盤下を掃除する目的はこのためです。

 

 

 

 

IMG_5291
鍵盤の奥についているキャプスタンスクリュー、
前回磨いて今回はまだピカピカでした。

 

 

 

次にアクションをつけて本体に入れ、棚板調整です。
鍵盤からのパワーをロスなく弦まで伝えるために、
鍵盤フレームと本体の棚板を隙間なく密着させる作業です。

 

TSJH9847IMG_5385
鍵盤フレームの裏にはこのような丸いボタン(ベッティングスクリュー)があります。
上からみると棒状のものになっていて、これを回して出したり引っ込めたりして調整します。
棚板と鍵盤フレームが浮いてるか密着しているかは、
真ん中部分を指で叩いて音を聴いて判断します。
実際の作業はこんな感じです。

棚板(ベッティングスクリュー)調整動画

 

 

 

次は鍵盤の両サイドについている拍子木の圧力の調整です。

 

DZXJ3538

鍵盤の手前側の木の部分を叩いて、浮いていないか音を聴きます。
これが一番右端が浮いている音です(動画)

拍子木圧力調整動画

トントントン・・・コン!
音が違うのが分かりましたか?これが浮いてる音です。

 

 

XZHG1703 XZGF6176
浮いているとパワー漏れするので、拍子木の金具で調整します。

拍子木圧力調整後再確認

調整後、他のところと同じ音になりました。
左手の親指で軽く持ち上げた時はコン!と
浮いた時の音になるよう圧力をかけすぎないよう微調整します。
圧力がかかり過ぎると、一番左のシフトペダルを踏む時に
ブレーキがかかり重くなるので慎重に調整が必要です。

 

 

 

 

次はアクション調整です。

 

 

IMG_5290
ハンマーの間隔、弦へのポジションチェック。今回良好でした。

 

 

 

 

RFGE9596
連打にかかせないジャック前後・高さ調整。

 

 

 

 

IMG_5430 IMG_5435
そのジャックの動くタイミングを揃えるハンマー接近調整とドロップ調整。

 

 

 

 

IMG_5428

全てのハンマーが打弦後、15mmでストップするように調整。

最後にハンマーが持ち上がる速度を調整するスプリング調整。
ピアニッシモや同音連打するためにはには欠かせません。
調整後はこんな感じです

スプリング調整動画

 

 

 

作業を初めて2時間程経過、

 

 

 

IMG_5427

ピアノの内部温度は26℃まで下がりました。そろそろ調律が出来ます。

 

 

IMG_5432
49A=442Hzに調律。

 

 

 

 

IMG_5463
調律後、硬い音のハンマーに少しだけ針を入れてほぐしました。

 

 

 

 

LMOI1781IMG_5475
鍵盤蓋やその他パネルをして雑音チェックです。
譜面板の蝶番に共鳴していたので確認してみるとネジが緩んでいました。

 

 

 

 

IMG_5480
外装を磨いて作業完了です。

明日は気持ち良く弾いていただけると嬉しいです。

 

 

1台1台丁寧な調整を心がけています

三木 淳嗣


空調次第で調律や調整も長持ちします !

浜松ピアノ店は丁寧な調整・整音と同様のメンテナンスを旨としていますが、せっかく丁寧な調整を施しても、設置部屋の温度と湿度管理が適切にされていないと、金属部品が錆びるだけでなく、木材やフェルト・クロスが変形し、早期に調律や整調が狂ってしまいます。

音楽ホールの楽器保管庫と同様に室温を20~24℃、湿度も50%前後を年間を通じて保つと、演奏しない限り大きな変化がありませんので、結果的にメンテナンス費用も安上がりになります。

ピアノの演奏頻度も影響しますが、同様に部屋の空調如何で、調律や整調・整音の維持期間が全く違ったものとなりますので、定期のメンテナンスは一律半年に1回か1年に1回かということではなくて、音程が狂って気持ちが悪い、弾き難くなった、音色が悪くなった、ハーフペダルが上手く効かない等を感じた時がメンテナンスの時期です。

ピアノの快適な性能を維持するには除湿機と加湿機は必需品ですが、日常のことなのでなるべく手間のかからないものがお薦めです、 参考までに弊社が使っている除湿器と加湿機をご紹介します。

MITSUBISHI 除湿器  [MJ-180KX-W]4万円前後 
湿度設定が可能なところが〇です。
湿度50%に指定しておけば、それ以下の湿度の場合は作動せず無音となり、50%以上の湿度になると自動的に作動を始めるのが魅力です。


IMG_0562

ナカトミ スチームファン式加湿器[SFH-12]2万円前後 メンテナンスが容易なのが〇です。
加湿器は水を熱して蒸発させて加湿するタイプが好ましいのですが、定期的に個体化した水垢?を取り除く作業(掃除)がかなり難儀です、この加湿器はその作業が楽なので気に入っています。


DSC_0449

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


よく弾きこまれているかどうかのチェック方法

 

 

「このピアノはよく弾かれているな」

 

ピアノの中を見れば技術者はすぐに分かります。では、どの部品をチェックしているのでしょうか。

その答えをお見せします。

 

 

 


 

image
一番分かりやすいのがハンマーです。
よく弾く鍵盤には自ずと弦の型がハンマーにつきます。この型(溝)が深くなっているかを見ています。

 

 

 

 

image

次にハンマーを受け止めるバックチェックという部品に貼られている黄色いスキン(合成皮革)が摩耗しているかを見ます。

 

 


 

 

image
次に丸いローラースキンが摩耗してぺちゃんこになっていないかを見ます。

 


 

 

 

imageimageimage
次は鍵盤の金属のピンと擦れるブッシングクロス(赤い部分)が真ん中(バランス)と手前(フロント)の2ヶ所の摩耗具合を見ます。

 

とりあえずは最低これくらいはチェックしますが、これはパネルを外してみないとハッキリ見えません。

しかし、パネルを外さなくてもすぐによく弾かれているか分かる場所があります。

さぁどこでしょうか。

 

 


 

正解は

 

 

 

 

image


 

鍵盤?

 

 

 

そう、鍵盤ですが実は黒鍵です。

 

 

 

image
このように黒鍵は、木の上にプラスチックや黒檀等が貼られていますが、木の部分は塗料で黒く塗っています。
白鍵を弾く時に僅かに黒鍵の側面に指や爪が当たり、そして少しずつ擦れて塗料が剥げてくるのです。
この剥げ方が弾く頻度によって異なるので、技術者はさりげなくこんな所も見ているわけです。

 

1台1台丁寧な調整を心がけています

三木 淳嗣


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取