ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

純ヨーロッパ製ピアノもお薦めです!

純ヨーロッパ製ピアノとは?

ピアノの生産事情で詳しく述べましたが、最近は日本製、ヨーロッパ製表記のピアノでもよく調べてみると、業界用語で云うところのセカンド・ラインが主流で、主な製造工程の拠点が中国になっており、ヨーロッパ本国の工場で一から生産されるピアノ(ファースト・ライン)は、1千万円クラスの高級ピアノを除けば今では少数派になっていますので、敢えて純ヨーロッパ製と表現しています。

椅子も純ヨーロッパ製がステキです!
 
ヨーロッパ製のピアノにはやはりヨーロッパ製の椅子が似合います
日本の椅子に比べて独自のデザインや布の色具合が魅力的ですが、これは感性の違いでしょうか。

写真はイタリアのディスカチャーチ製の椅子


誇らしげMADE IN EUと印刷されたディスカチャーチ社の椅子

そのような事情から弊社では純粋なヨーロッパ製(全てヨーロッパで作られている)ながら比較的安価に購入できるペトロフ・ピアノ(チェコ)やレーニッシュ・ピアノ(ドイツ)をご提案しています。

これらのピアノは前述の椅子と同様に、我々日本人からするとヨーロッパ独自の文化が持つ外装のデザインもさることながら音色や響きも魅力的です。
 
お薦めブランド ペトロフ

お薦めブランド レーニッシュ


 多くの方がピアノを購入する際の選考基準に悩まれています。

 

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取