ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ピアノの大きさ(GPは奥行き、UPは背の高さ)の違いについて №.2

大きさによるもう一つの違いは、白鍵、黒鍵の大きさは標準鍵盤なので同じですが、大きなピアノは鍵盤の奥行きが長くなる分、弾き易くなることです。
鍵盤はシーソーのような動きをしますのでシーソーが長くなる分自然なタッチでコントロールしやすくなります。

グランドピアノのアクションの模型

アップライトの鍵盤ですが
鍵盤(白鍵)の大きさは同じでもピアノの大きさにより鍵盤全体の長さはかなり違います


しかしながら最近はグランド、アップに限らず部屋のインテリアに似合う木目で、コンパクトなピアノでありながら、弾き心地や音色の良いピアノ(小型の高級品)を希望される傾向があります。

基本的(理論的)には前述の通りなのですが、これが高級なピアノや純ヨーロッパ製のピアノでは、小さなピアノでも魅力的な低音と音色で弾き心地の良いピアノも存在します。

たとえばスタインウェイにS-155(奥行き155㎝)ファツィオリではF156(奥行き156㎝)という小型のグランドピアノがありますが、お値段は1千万円超えになりますが名器と云われています。

その訳は小さなグランドとは思えないほどの豊かで魅力的な低音を出しますし、弾いてみるととても小型のグランドピアノとは思えないほど良く鳴りますし魅力的な弾き心地です。

逆に云えば、さほどの高級ピアノでなくても大きなピアノになると音量も大きく弾いて気持ちが良いのですが、高級なピアノ(特に純ヨーロッパ製)になると、小型のピアノでも弾き心地も良いし音色や響きも魅力的ですが、安価な小型ピアノではそれが難しくなります。
 
ピアノの性能(タッチ、音色、響き)を大切にお考えの方に
只今、ピアノ選びで後悔しないための資料を無料進呈しています

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取