ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

猛練習で腱鞘炎にならないためにも丁寧な調整が必要です!

読売新聞でピアノ講師が演奏会のために猛練習して腱鞘炎になったとの記事がありましたが、これをピアノ屋からみると、調整ができていないピアノで猛練習すると腱鞘炎になるというお話をさせていただきました。

しかしピアノの猛練習で腱鞘炎にならないためにも丁寧な調整が大切ですが、やはり演奏会やコンクールでのピアノ演奏は、聴衆や審査員に共感してもらえる演奏が一番大切です、そのためには日頃から良く調整された表現力のあるピアノで練習をする必要があります。

表現力のあるピアノとは、演奏者が望む大きな音を出す時も力まなくても無理なく出せて、小さな音やトリルも演奏者の意志に忠実に出せるピアノですが、これは高級品だから出せるわけではなく、ピアノの値段やメーカー、ブランドに関係なく、いかなるピアノであれ丁寧に調整すると表現力のあるピアノになります。

ピアノの調整とは鍵盤から打弦するまでの木とフェルト、金属を使ったメカニズムが最適に機能するように擦り合せ調整をすることです。

これは歯の矯正をしてから噛み合わせ調整をすると軽く噛むだけでサクサクものが噛めると同じ理屈で、鍵盤もレスポンスが良くなり演奏者の意のままにピアノが応えてくれるようになります。
 

確かに高級なピアノは基本的な音色や響きが魅力的ですが、だからといって猛練習で腱鞘炎になるのは安価、高級は関係なく、いかなるピアノであれ十分な調整をしないと表現力豊かなピアノにはなりません。



弊社は調整に関する記事が多いのですが、あまりにも調整の重要性について一般に認識(知識)がないので、機会あるごとに調整について取り上げています。

どんな名器も調整と整音なくしては愚器になります!

独自の出荷調作業を動画でご案内

浜松ピアノ店でピアノを選ぶメリット

ピアノの性能(タッチ、音色、響き)を大切にお考えの方に
只今、ピアノ選びで後悔しないための資料(小冊子、DVD,CD)を無料進呈しています

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary