ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

グランドピアノとアップライトピアノは何が違うのか?

アップライトのメリットはスペース効率が良い、安価(コストがグランドの約半分)の2点ですが、楽器としての音色や響きの魅力は別として、メカニズムの違いからくる表現力や弾き心地、音の抜け等はグランドの方が優れています。

グランドピアノは弦や響板が水平なので背が低く演奏者に圧迫感を与えず、音も上下に抜けるので音の抜けが良く必要なら聴衆の方に音を飛ばすことができます。

逆にアップライトピアノは背が高いので演奏者に圧迫感があり、演奏者側はパネルで蓋をした状態で、音は後ろ(壁側)に抜けますので演奏者には音が籠って聞こえます。

グランドはダンパーも水平なので引力で自然に下に下がります。


弦が水平なので、ハンマーも打弦した後は自然に引力で元に戻るグランド。


グランドは鍵盤の奥行きも長く取れ全てに無理がなく構造が自然です。


また鍵盤の動きをハンマーに伝えるメカニズムが、アップライトピアノは鍵盤を一番下まで押し下げた状態から、元の高さ(10mm)まで鍵盤を上げないと2回目の音を出すことが出来ませんが、それに比べ、グランドピアノは鍵盤を押し下げた状態から半分位上げたところで2回目の音を出すことが出来ます。

結果として連打がアップライトピアノは1秒間に7回、グランドピアノは1秒間に14回連打が可能になります。これはグランドピアノにレペティションレバーシステムという機能が備わっているためです。

さらに、グランドピアノはダンパーペダル、ソフトペダルも自然に機能して、演奏者の細かいテクニカルな表現が可能です。

グランドピアノの特徴を簡単にご紹介しています


何を一番重視するかでグランドかアップライトかの選択肢が違います。

仮に同予算で考えた場合、純粋にピアノのより良い(上質な)音色と響きを楽しみたいということを重視すればより高級(高品質)なアップライト、音色や響きよりも高度な演奏テクニックや表現力を重視すればグランドピアノの選択になると思います。

この境界線が大体ご予算200万円前後で、200万円以上のご予算の場合は、スペースが許す限り大概はグランドピアノの選択になります。

物理的な違いは概ね前述の通りですが、そのような価値観とは別に、ピアノを大切な一生ものの楽器として考え(良いピアノを所有する喜び)、自宅でさりげなく良い音色や響きでピアノ演奏を楽しみたいという向きには、良質の小型のアップライトピアノも一つの選択肢かも知れません。

但し、いくら構造的に表現力のあるグランドピアノでも、調整が十分にできていないと折角の表現力も劣るピアノになります。

猛練習で腱鞘炎にならないためにも丁寧な調整が必要です!

独自の出荷調整の作業工程を短い動画にまとめました
 
よくいただくご質問をまとめました。

ピアノの性能(表現力、音色、タッチ、響き)を大切にお考えの方に
只今、ピアノ選びで後悔しないための資料(小冊子、DVD、CD)を無料進呈しています

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary