ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

試弾は調整されたピアノでないと意味がない

試弾の際は丁寧に調整されたピアノを静かな場所で試弾しないと本来の試弾の意味がありません、また調整の手間を考えるとピアノの大量展示や大量販売は無理があります。

しかし現実には丁寧な調整をしたピアノを展示している所はメーカーショールームを含めてほとんどないので、調整が省かれたピアノをいくら試弾して回っても参考程度にしかなりません。

調整の有無は同型ピアノを同時に比較試弾すれば違いはすぐにわかりますが(調整を省くと弾き心地と音が悪いので)現実には同型ピアノの調整の有無を同時に比較試弾する機会(所)がないので、一般にはこんなものだと思われています。







ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取