ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

コストパフォーマンスが高いピアノか否か

予算があればスタインウェイ、そうでなければヤマハが安心という方が多いのですが、有名ブランド、あるいは高級シリーズほどブランド料が上乗された分、値段も割高になりコストパフォーマンスは悪くなるのが常であり、しかも、せっかくの高級ブランドも丁寧な調整なくしては期待した性能を発揮してくれないので宝の持ち腐れになります。





ピアノの基本設計はスタインウェイを含めてほぼ同じで、昔のように粗悪品というピアノはほとんどないので、どんなブランドを選んでも大きな失敗ということはないと思いますがコストパフォーマンスが高いピアノと低いピアノは存在します。

ところで安価な中古ピアノも後々の修理代等を考慮すると、必ずしもコストパフォーマンスが良いとは言えないピアノが多いように思います。

最近はヤマハもカワイも高級グランドシリーズに力を入れていますが、基本的な性能はあまり変わらず(製造コストも)、メーカーの出荷調整にかける時間の差(2時間半が8時間に延長)が性能差に出ているように思います。

ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取