ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ヤマハグランドピアノの保守点検

溜まっていたブログの更新が遅れて過去の分にアップしました。
遡らないと見れなくなってますのでここでまとめを残しておきます。

先日お客様が来店され、自宅のグランドピアノが不調なので全体の調整をしたいということで2日間(16時間)コースのピアノ保守を行ないました。内容はこちらから。

 

グランドピアノ16時間コース初日目

グランドピアノ16時間コース2日目

グランドピアノ16時間コース3日目

グランドピアノ16時間コース最終日

 

今回行なったメニューは、

1.ハンマー整形
2.バランス・フロントキーピン磨き
3.バランスキーピン位置調整
4.フロントキーピン方向調整
5.バランスキーホール調整
6.フロントキーホールガタつき修理
7.棚板調整
8.鍵盤高さ・傾き・間隔調整
9.白鍵深さ調整
10.弦合わせ(傾き・間隔・走り)調整
11.サポート合わせ調整
12.バックチェック合わせ調整
13.ジャック前後調整
14.ジャック高さ調整
15.ハンマー接近調整
16.ハンマードロップ調整
17.打弦距離調整
18.黒鍵深さ調整
19.ハンマーストップ調整
20.レペティションスプリング調整
21.調律
22.ダンパーかかり調整
23.ダンパー総上げ調整
24.ダンパー踏み込み量調整
25.ダンパーストップレール調整
26.ソステヌート位置調整
27.シフト(ソフト)ペダル踏み込み量調整
28.シフトペダルの整音
29.弦当たり(3弦合わせ)調整
30.ハンマー弾力調整
31.ペダル磨き
32.譜面台クロス貼り替え

 

 

 

コンサートホールではコンサートごとの調律とは別に、毎年2日間の保守点検を行なってピアノを初期設定に戻し快適に弾けるようにしますが、これはコンサートホールのピアノだけに限らず、どのメーカーのピアノにも同じことが必要であるため、ご家庭のピアノにも定期的に2日間は難しくても1日コースの保守をおすすめします。あくまでピアノの性能に関心がある方に限りますが。

因みに中古ピアノの場合は新品と違って、部品の汚れや錆び、そして消耗や劣化などもありますので、商品レベルまでの状態にするにはさらに倍以上の時間がかかりますが、修理がなければ現行部品の状態で2日(16時間)コースの調整を行なうとかなり良い状態まで仕上げることができますので、現在お持ちのピアノが不調で困っている方で今回のような調整に興味・関心のある方は一度ご相談ください。

 

>>>ピアノのコンディションを良くするために必要なこと
  ①全体の調整 ②空調管理

1台1台丁寧な調整を心がけています

三木 淳嗣


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取